なじらぼ!

  1. おでかけ・旅行
  2. 新潟の天体観測特集

新潟の星空を見に行こう

新潟の天体観測特集

2017.09.04

家族で、恋人と、星を見に行こう!
新潟で楽しむ天体観測。

OUTDOOR

自然豊かな新潟には、天体観測できる素敵なスポットがたくさん!自然の中で夜空を見渡すもよし。天文台で望遠鏡に映る星を見るのもよし。子どもを連れて家族で行っても楽しいし、恋人とのデートもロマンチック。さあ、きれいに広がる星空を眺めに出かけてみよう!

胎内自然天文館

  • 胎内自然天文館
  • 胎内自然天文館
  • 胎内自然天文館
  • 胎内自然天文館
  • 胎内自然天文館

施設への行き方

日本海東北道「中条IC」より車で35分
JR中条駅からは約25分

Google Map

胎内自然天文館

胎内市

胎内市夏井1251-7|0254-48-0150

営業時間
9:00〜17:00(入館受付は16:30まで)
土曜日(4月~8月)19:30~21:30
(9月~11月)19:00~21:00
天候が曇りや雨の場合は中止となります。
休館日
毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)
冬期(12月〜4月)
7月25日から8月31日まで休まず開館
入館料
高校生以上 300円(団体料金200円)
小中学生 150円(団体料金100円)

世界有数の星空イベントが開催され
全国から天体マニアが集まる

県内最大級の600mm望遠鏡を備えた直径6mの観測ドームでは、夜には星や月、昼は太陽の観察も可能なので、昼夜を問わず楽しむことができます。 大型スクリーンと音響設備を備えた研修室、屋上にある300平方m以上の屋上観測場でも星の学習や観測ができます。 土曜や連休の夜には観望会が開かれる他、夏には世界有数の星空イベント〈胎内星まつり〉も開催され、全国各地から集まった人々で賑わいます。

星のふるさと館

  • 星のふるさと館
  • 星のふるさと館
  • 星のふるさと館
  • 星のふるさと館
  • 星のふるさと館

施設への行き方

北陸自動車道「上越IC」〜国道8号線 車で約30分
上信越自動車道「上越高田IC」 車で約30分

Google Map

上越清里 星のふるさと館

上越市

上越市清里区青柳3436-2|025-797-2360

営業時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
●天体望遠鏡の夜間公開
金曜日(5月~9月。ただし、7月を除く) 19:00~22:00
土曜日(4月~9月) 19:00~22:00
10月〜11月は18:00〜21:00
※天候が曇りや雨の場合は中止となります。
※宿泊予約は、5人以上で随時受け付けます。
入館料
プラネタリウム利用あり
高校生以上600円 小中学生400円
プラネタリウム利用なし
高校生以上450円 小中学生300円
※20名以上の場合、団体割引あり
※小学生未満無料

宿泊施設も備えた天体観測施設で
夜が明けるまで星空を満喫

坊ヶ池湖畔にたたずむ天体観測施設。県内最大級の650mm反射式望遠鏡を備え、毎週金曜と土曜の夜に開放しています。有料で宿泊もできるため、夜遅くまで泊まり込みでの観測も可能。また、昼でも明るい一等星や太陽を観望することができます。52席あるプラネタリウムは、デジタルプラネタリウム方式により四季折々の星座や、天体シュミレーションを体験することができます。展示室には、貴重な県指定文化財の櫛池隕石の実物が展示されています。

新潟県立自然科学館

  • 新潟県立自然科学館
  • 新潟県立自然科学館
  • 新潟県立自然科学館
  • 新潟県立自然科学館
  • 新潟県立自然科学館

施設への行き方

「新潟中央IC」より車で約6分
新潟バイパス「女池IC」より車で約5分/「桜木IC」より車で約3分

Google Map

新潟県立自然科学館

新潟市中央区

新潟市中央区女池南3丁目1番1号|025-283-3331

営業時間
平日9:30〜16:30
土日祝日および夏期 9:30〜17:00
(入館受付は閉館の30分前まで)
休館日
毎週月曜日
(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
※ この他、設備点検整備のための休館日あり
入館料
高校生以上 570円 プラネタリウム観覧料210円
小中学生 100円(平日無料) プラネタリウム観覧料100円

日本海側最大級のプラネタリウムで
ゆったりと星空を楽しむ

天体イベント開催時に公開される、天体観測室の口径600mmの反射望遠鏡では、昼は水星や金星、夜は月のクレーターや木星の縞模様、土星の環などを観察することができます。さらに、日本海側最大級のプラネタリウムでは、投映された星空をリアルに感じることができます。200席あるリクライニングシートで、ゆったりと楽しむことができます。

魚沼市自然科学館 星の家

  • 魚沼市自然科学館 星の家
  • 魚沼市自然科学館 星の家
  • 魚沼市自然科学館 星の家
  • 魚沼市自然科学館 星の家

施設への行き方

関越自動車道「小出IC」より車で40分

Google Map

魚沼市自然科学館 星の家

魚沼市

魚沼市須原5060-57 | 025-797-2360

営業時間
6月~10月の公開日
19:30〜21:00
※ 先着20名、1週間前までに申し込み必要
入館料
高校生以上 200円
小中学生 100円

星が最も美しく見える地で
宇宙の神秘にひたる

標高555mの須原スキー場山頂にある天体観測施設。 口径400mmの反射式望遠鏡を備え、神秘的な宇宙の美しさをそのまま体験することができます。 6月〜10月に開催される「星座観測の夕べ」に開放される他、5名以上の予約で見学することも可能。 星が見えない天候でも、室内でスライドを使った講演が行われます。
※公開日は魚沼市ホームページでご確認ください。

ポーラースター神林

  • ポーラースター神林
  • ポーラースター神林
  • ポーラースター神林
  • ポーラースター神林
  • ポーラースター神林

施設への行き方

日本海東北自動車道「神林岩船港IC」より車で約20分

Google Map

ポーラースター神林

村上市

村上市南大平1102|0254-48-0150

営業時間
4月〜11月の公開日の19:00〜21:00
(夏至前後の期間は19:30〜21:30)
※ 公開日当日の16:00にホームページにて公開の有無をお知らせいたします。心配な方は事前にお電話にてお問い合わせ下さい。
※ 屋外には照明施設がございません。懐中電灯をご用意下さい。
※ 春期、秋期の観望は防寒にご留意下さい。
入館料
村上市内にお住まいの方
大人100円 中学生以下50円
村上市外にお住まいの方
大人300円 中学生以下100円

自然豊かな公園で
キャンプをしながら天体観測

「南大平ダム湖公園」に隣接し、国内でも有数の美しい星空が望める天文台。口径400mmマクストフカグレン望遠鏡、口径350mmシュミットカセグレン望遠鏡を収めた二つのドームを備えているのが大きな特徴になってます。どちらもコンピュータ制御により自動で目標の天体を導入できます。その他、50席のミーティングルームには、村上市出身の天文イラストレーター・写真家の沼沢茂美氏の作品も展示されており、大型ビデオプロジェクターにより迫力ある映像を楽しむことができます。

EDITOR
KAZUAKI YAMAZAKI

山崎一彰

ひと昔前にはキャンプに行っては、夜の星空を眺めてました。普段生活している街ではなかなか見ることのできない満天の星や天の川も、本当は頭の上にあるんだなあと感動したもんですが、今回の取材でそんな気持ちを思い出しました。