なじらぼ!

  1. アート
  2. シネマ気分

アダムス・ファミリー

MOVIE 2017.10.30

アダムス・ファミリー

The Addams Family|アメリカ映画(1991)
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン、クリスティーナ・リッチ

ホラーでコメディならハロウィンじゃん

10月31日はハロウィン。子どもたちが近所のおじちゃん、おばちゃんを脅かしてお菓子をもらうために、ドラキュラやおばけに仮装したり、カボチャをくり抜いて作ったジャック・オー・ランタンで飾り付けをしたり。近年では、仮装のクオリティが上がり、子どもだけでなく大人までが、この日の仮装のために全力を注いで作り上げたコスチュームに身を包んで楽しんでいますね。東京を中心に、街は仮装した人たちが溢れて異様な空間に。マリオ、ミニスカポリス、看護婦、ゾンビなどの王道に加えて、さまざまなキャラクター、そのとき流行っている芸人とか。今年はブルゾンちえみが多いらしいですね。この時期になると、ハロウィンの仮装グッズをよく目にするせいか「アダムス・ファミリー」を観たくなるんですよね。不幸な事や邪悪な事、不気味なモノが大好きなおばけのアダムス一家が繰り広げるホラーなコメディ映画。はちゃめちゃなブラックジョークが満載で、真っ赤なバラの花を切り落としたり、頭のない子どもの人形を抱いている娘がいたり、電気椅子で処刑ごっこをしてみたりと、万人受けしないシーンもあるけれども、ニヤニヤ笑ってしまうんです。そしてなにより、ホラーの世界に住んでいるけれども、その心はピュアで、可愛くて、ほっこりしてしまう。あ、ハロウィンのシーンもちゃんとありますよ。ちなみに、もともとは雑誌「The New Yorker」に掲載されていたもので、テレビドラマ化されたときに作者のアダムスって名前からタイトルが付けられました。1973~1975年、1991~1992年の2回に渡りアニメ版も放送され、今ではカートゥーンネットワークでも放送されていたりするので、子どもと一緒に楽しめますよ。仮装しながら、子どもはアニメ。大人は映画。

BY SHOTA KONDO

近藤翔太

画質のキレイなBlu-rayDiscよりも、DVD派です。日本人だけど邦画よりも、洋画派です。ちょこちょこDVDレンタルしてますけど、購入派です。エディ・マーフィの吹き替えとか好きだけど、字幕派です。エヴァンゲリヲン新劇場版とか劇場まで観に行くけど、自宅派です。好きな映画のジャンルが偏ってる、30歳男性です。