1. ホーム
  2. アート
  3. シネマ気分

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

MOVIE 2018.4.2

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

CHEF|アメリカ映画(2014)
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ

ただただ食欲を駆り立てるコメディドラマ

まず知ってもらいたい「キューバサンドイッチ」の存在。キューバンブレッドにハム、ローストポーク、スイスのチーズ、ピクルス、マスタード、たまにサラミで作られるサンドイッチ。簡単に説明するとハムチーズサンドです。キューバサンドイッチ、この映画を観終えた後に必ず食べたくなります。まずは食べられるお店を探すか、すぐ作れるように具材の準備をしてから観ましょう。自分は実際にこの映画を観て、めちゃくちゃ食べたくなりました。ロサンゼルスにある一流レストランの総料理長を務めていたカールーは、メニューにあれこれ口出しをするオーナーと対立し、突如店を辞めてしまいます。と、ざらにあるストーリー展開から始まる本作。次の職を探すためにマイアミへと向かい、そこで出会った絶品の料理こそ、この「キューバサンド」なんです。その感動を伝えようと、ボロボロのキッチンカーを手に入れて移動販売をスタート。仲間は、面白がって駆け付けた元同僚のマーティンと息子のパーシー。マイアミ ~ ニュー・オリンズ ~ オースティン ~ ロサンゼルスと、キューバサンドイッチを作り続けているあいだに、パーシーがSNSで拡散した情報がネット上を駆け巡り店は大盛況に。ただのサクセスストーリーじゃん、と思いきやこの作品、ちゃんとヒューマンドラマの要素も含まれています。カールは離婚してパーシーとは別々の生活を送っていました。離れて暮らす父と子。だけどひとつのことを一緒に頑張って、一緒に喜びを分かち合って。それだけでも微笑ましいけでども、キッチンカーで旅をしながら周っている様子が、親としてとても羨ましく思え、ちょっと子どもと旅とかしたいな(キューバサンド食べながら)、なんて思ってしまう映画です。とはいえ最終的には、キューバサンドがめちゃくちゃおいしそうなので、食欲が勝つんですけどね(笑)。

BY SHOTA KONDO

近藤翔太

画質のキレイなBlu-rayDiscよりも、DVD派です。日本人だけど邦画よりも、洋画派です。ちょこちょこDVDレンタルしてますけど、購入派です。エディ・マーフィの吹き替えとか好きだけど、字幕派です。エヴァンゲリヲン新劇場版とか劇場まで観に行くけど、自宅派です。好きな映画のジャンルが偏ってる、30歳男性です。