なじらぼ!

  1. ナジラボタイムス
  2. 幼稚園選び

ナジラボタイムス

新潟市では幼稚園の入園申込が10月スタート。
幼稚園選びの基本のき。

JOURNAL  2017.09.26

新潟市では、毎年10月から幼稚園や認定こども園の入園申込受付がはじまります。そこで、今回のナジラボタイムスでは「幼稚園と保育園の違い」「手続きの方法」など、はじめての幼稚園選びに役立つポイントをかんたんにご紹介します。「もう知ってるよ、来月手続きするよ」という方も、ぜひいま一度目を通して、確認してみてくださいね。

そもそも、幼稚園と保育園は何が違うか。

わかりやすい大きな違いとしては、受け入れ対象の子どもの年齢が、保育園は0歳から、幼稚園は3歳からということ。また、それぞれの管轄や目的が違います。幼稚園は、文部科学省の管轄で、小学校入学前の「教育施設」という区分。また、保育園は厚生労働省の管轄で、乳幼児を預かる「児童福祉施設」となっています。それぞれの園の先生も立場が異なり、幼稚園の場合は「幼稚園教育免許状」という教諭免許が必要。保育園の場合は、保育士の資格が必要です。

幼稚園 保育園
保育対象年齢 3歳になった春から小学校入学前までの幼児 0歳から小学校入学前までの乳児や幼児
保育時間 短い
例;9時~14時など
長い
例:7時半~18時など
先生の免許 幼稚園教諭免許状 保育士資格証明書
所管 文部科学省 厚生労働省
法令 学校教育法 児童福祉法

幼稚園(対象:3~5歳)

小学校以降の教育基礎を作るための幼児期教育を行う教育施設です。教育時間前後に預かり保育をしている施設もあります。

保育園(対象:0~5歳)

お仕事などのために家庭で保育できない保護者に代わり、児童を保育する施設です。

認定こども園(対象:0~5歳)

幼稚園と保育園の性質を併せ持った施設で、地域の子育て支援も行う施設です。

地域型保育事業(対象:0~5歳)

・小規模保育事業 19人以下の小規模保育を行います。
・事業所内保育事業 会社内にある保育施設などで、従業員の児童や地域の児童を一緒に保育します。

公立幼稚園と私立幼稚園の違いは?

では、幼稚園でも公立と私立ではどんな違いがあるでしょうか。主に、園の雰囲気や教育方針、施設の設備などが変わってきます。公立幼稚園は、自治体が運営する幼稚園で、私立に比べて学費が安いです。私立よりものびのびした教育の所が多いようです。一方、私立幼稚園は運営する団体によって、教育方針が異なります。中には附属幼稚園のように受験が必要な所もありますし、教会などを母体にした幼稚園もあります。公立に比べて費用が高い反面、設備面では充実していることが多かったります。

入園手続きってどうしたらいいの?

まずは、どの施設が利用できるか調べるところからはじまります。保護者の就労状況や子どもの年齢によって入園できる施設や手続きが異なりますので、どこに入園できるのか確認しましよう。

幼稚園の一覧(新潟市)

幼稚園は施設の規模や大きさ、先生の数などによって、どこも定員があります。早めに申込をしないと、「希望した幼稚園に入れなかった!」ということも。できれば、早めに希望する幼稚園ことを調べて、見学に行ったり、ママ友と積極的に情報交換をするなど、アクティブに動いた方が吉。たくさんのお友達ができて、「幼稚園に行きたい!」と毎日が楽しみ、お子さんがそんな素敵な幼稚園ライフを送れるといいですね!

幼稚園・認定こども園(1号認定)入園状況(新潟市)

■幼稚園選びのポイント

1通園手段

通園方法は大事なポイントのひとつ。幼稚園バスがあるのか?自転車、徒歩など…お子さんの安全やお父さんお母さんの送り迎え、家や職場との近さなどを考え、検討してみましょう。

2お弁当?給食?

毎朝のお弁当作りが負担になる方は、給食のある施設を選びましょう。ただし、給食費がかかりますので、毎月の保育費を計算して検討してみましょう。

3園の方針

園の教育方針と、ご家庭の教育方針が合っているかどうか。共感できるかどうかはとても重要なポイントです。先生に質問したり、先輩ママの意見も参考にしましょう。

4園の雰囲気

必ず見学することをおすすめします。園児たちの表情や遊ぶ様子、先生方の子どもに対する接し方など、幼稚園の雰囲気は重要なチェックポイントです。園長先生の人柄なども知っておくといいかもしれません。

幼稚園は施設の規模や大きさ、先生の数などによって、どこも定員があります。早めに申込をしないと、「希望した幼稚園に入れなかった!」ということも。できれば、早めに希望する幼稚園ことを調べて、見学に行ったり、ママ友と積極的に情報交換をするなど、アクティブに動いた方が吉。たくさんのお友達ができて、「幼稚園に行きたい!」と毎日が楽しみ、お子さんがそんな素敵な幼稚園ライフを送れるといいですね!

\この記事をみんなに紹介しよう/