1. ホーム
  2. これからの新潟の家づくり NIIGATA HOUSING

これからの新潟の家づくり

今回、第7弾となる住宅について学ぶコンテンツ記事「NIIGATA HOUSING」。家づくりのプロから、毎月住宅のあれこれをお聞きしていきます。家を建てるときってどうしたらいいの?お金ってどのくらいかかるの?どんな性能がオススメなの?などなど。家を建てるときはみんな素人です。だからこそ、ちょっとした疑問なんかもお聞きしていきます。

vol.6 住宅工法について学ぼう

齋藤達也さん

教えてくれた家づくりのプロ

齋藤達也さん

セキスイハイム信越株式会社
新潟西展示場
展長代理

読売ジャイアンツ・西選手に憧れ、小学校から高校まで野球に燃えた営業マン。ポジションは内野手。当時の野球に対する熱い想いは、現在は住宅へと向き、真剣に向き合う姿勢に定評がある。今年で営業歴10年。愛娘のために頑張ります。

オープンハウスと展示場の基本

住宅をこれから建てようかと考えられている方なら「オープンハウス」「住宅展示場」、この2つのキーワードを一度は耳にしたことがありますよね。何となく「家を見学できる」ってイメージはあると思いますが、この2つの違いってご存知ですか? 今回は住宅を建てる際の見本ともなる「オープンハウス」と「住宅展示場」について、詳しくお聞きしてきました。

まず「オープンハウス」と「住宅展示場」とは、どういったものなのかを簡単にご説明します。

今回取材させて頂いたセキスイハイム齋藤さん曰く、「オープンハウス」とは、見学者に対して開放している、実際にこれから住むことが可能な住宅です。キッチン、バス、トイレなどはもちろん、備え付け家具なども設置され、実際にこれから生活ができる状態であり、建売住宅同様に現実的な間取りで設計されています。

一方、「住宅展示場」は、住宅を建てる際に比較検討できるようにとビルダーやハウスメーカー等が数社集まったり、単独で開催している展示場です。各社ごとに自社の住宅を建て見学することができますが、実際に住むような間取りではなく、広く設計されているので、大きさなどを検討するよりかは設備や機能性などを知る場所といったイメージです。

どっちに行ったらいいの?

オープンハウス」と「住宅展示場」の違いを説明しましたが、どういった時に、どちらに行ったらいいのでしょうか?それは、現在どこまで住宅を検討されているかにもよりますが、「そろそろ建てようと思うんだよな」「家ってどうやって建てるんだろうか」など、まだ検討が初期段階の方は住宅展示場へまず行ってみましょう。

セキスイハイムの住宅展示場では、模型、パネル、資料などでセキスイハイムの家の特徴や構造などを知ることができます。「家」とひとことで言っても、各社それぞれ特徴があります。セキスイハイムでは、「vol.6住宅工法について学ぼう」でも説明したように、工場生産、鉄骨ユニット工法など、さまざまな強度面での強みがあり、実際に使用されている部材なども見て触ってみることができます。

そして「どんな間取りにしようかな」「建て替えだけど、今の坪数ではどんな家が建てられるかな」「気になる土地があるけど、どのくらいの広さになるんだろう」など、検討段階が進んできたり、現実的にセキスイハイムの住宅を知りたい方は、展示場スタッフにオープンハウスを案内してもらいましょう。

オープンハウスは前段でもありましたが、実際にこれから住むことができる住宅を見学することができます。セキスイハイムが考え抜いた構造は、間取りはもちろんですが収納の位置、壁紙、など、現実的な目線で参考にすることができます。例えば新潟は曇りや雨の日が多いことや、共働きが多く、室内干しをすることが多いと思います。そこで参考になるのが、脱衣場、サンルーム、廊下などでの物干しの設置方法です。こんな所に干せるんだ!などビックリすることも。女性が気になる点では、収納の大きさもありますよね。実際にどのくらいの大きさなのか、どんな場所に設置できるのかなど。目的に合わせた視点でオープンハウスは見本となります。

ちなみに「リビングは〇〇畳でいいかな」「子ども部屋は〇〇畳くらいかな」など、図面だけで考えていても、意外ともう少し大きい方が…なんてことも。実際にリビングダイニングや子ども部屋に入って体感してみることで、大きさの参考になることがとても多くあります。実際のサイズを体感することで、より理想の家に近づくでしょう。ちなみに五泉市では子どもが3人いる家庭が多く、限られた面積の中でも部屋数を確保した実例など、地域に合わせた特徴が見られるのもオープンハウスならでは。

住宅展示場で構造や機能面を知り、オープンハウスでは間取りや床の色、壁紙、建て付け家具の種類など、理想とする住宅の見本を見学。用途によって使い分けてみましょう。

今回お聞きした斎藤さんのいる五泉市赤海のオープンハウスは9月末まで、期間限定でいつでも見学可能です。

営業時間 10:00~17:00(水・木曜定休日)
予約不要ですので、お気軽にお越しください。

オープンハウスと住宅展示場ってどこにあるの?

<オープンハウス>

セキスイハイムのオープンハウスは、その時々によって場所が異なります。開催されている詳しい場所については、住宅展示場スタッフに聞く事をおすすめしますが、現在(2018年8月1日)の開催状況は下記の通りです。

場所
住所

場所
住所

場所
住所
赤海オープンハウス
五泉市赤海2丁目(赤海第2フラワータウン内)

三本木オープンハウス
五泉市三本木1丁目(サクラパサージュ三本木内)

高田オープンハウス
上越市大貫4丁目地内(高田ウエストニュータウン内)

※赤海オープンハウス以外は要予約
お問い合わせ0120-45-8166
(水・木曜定休日)

<住宅展示場>

セキスイハイムの住宅展示場は、上・中・下越の各アリアに全5箇所あります。基本的に予約不要ですが、イベント開催時などは混雑しているので、気になる方は事前に連絡することをオススメします。

新潟東展示場

〒950-0017
新潟市東区新松崎1-3-33
(UXハウジングステーション)

詳しくは

新潟西展示場 2018年10月初旬オープン予定

〒950-1101
新潟市西区山田89
(TeNY住まいるプラザ)

詳しくは

新潟南展示場

〒950-0923
新潟市南区姥ケ山字大日南田115
(ハウジングアヴェニュー新潟南)

詳しくは

長岡展示場

〒940-2108
長岡市千秋1-103
(ハウジングアヴェニュー長岡)

詳しくは

上越展示場

〒942-0052
上越市大字上源入大城153-20
(ハウジングアヴェニュー上越)

詳しくは

今回のPOINT !

  • ■ 住宅展示場は、構造や設備、機能性を学ぶ
  • ■ オープンハウスは、現実的な間取り、大きさを体感。
  • ■ 段階によって住宅展示場とオープンハウスを使い分けよう。
  • ■ セキスイハイムの見学は新潟県内どこでも可能。

※住宅展示場とオープンハウスの言い方については各社異なることがありますのでご了承下さい。

オープンハウスで体感したい!住宅展示場で説明を聞きたい!

住宅の設備や機能性などを知りたい方は、展示場(新潟西展示場、新潟東展示場、新潟南展示場、長岡展示場、上越展示場)のスタッフに教えてもらおう。もちろん、現実的な間取りやサイズを体感したい方は、オープンハウスへ案内してもらいましょう。

  • 資料請求
  • セキスイハイムへのお問い合わせ
  • 来場予約

INFOMATION

工場見学会や完成見学会など、イベント盛りだくさん!

実際の分譲地を見学できたり、完成したばかりの住宅を見学することができる完成見学会など。随時開催しているセキスイハイムのイベント情報をチェック。

  • イベント情報

セキスイハイム信越株式会社 新潟支店

〒950-0993 新潟市中央区上所中2-2-10
025-281-8169

公式HP

\この記事をみんなに紹介しよう/