なじらぼ!

  1. グルメ・カフェ
  2. カレー特集

カレー特集#01

2017.09.04

秋の匂いとカレーの匂い。
みんな大好き、カレー特集。

GOURMET

バリエーション豊かな新潟のカレー、1週間分。

夏の暑〜いときに、はふはふ言いながらカレーにがっつくのもいいけれど、ちょっとしんみりした秋の涼しさのなかでいただくカレーも実に美味。今回は、新潟 カレー特集。様々なジャンルから、「1週間続けて食べても飽きないんじゃないか」というバリエーション豊かなラインナップでご紹介します。皆さんはどこのカレーが好きですか?

VOVO
  • VOVO
  • VOVO
  • VOVO
  • VOVO

VOVO新潟本店

ボボ

新潟市中央区

  • 新潟市中央区本町通9番町1344-2
  • マンション大西1F
  • 025-224-9249
  • 【ランチ】
    11:30~15:00(L.O.15:00)
    【ディナー】
    18:00~22:00(L.O.21:45)
    日曜祝日
    18:00~20:30(L.O.20:30)

伝説のカレーは、うま味たっぷり辛くない

惜しまれつつも2004年に閉店した、東京新宿の伝説のカレー店「GHEE」の意志を受け継いだ人気店『VOVO』。自慢のフラッグシップカレー「バターチキン」(1,000円+税)は、辛みのあるスパイスを一切使用しない、うま味のみのカレーだ。たっぷりのバターでコクを、ゆっくり煮込んだトマトで酸味を。そしてメインのチキンは、めちゃくちゃ柔らかい。子どもにもオススメだ。ちなみに、唐辛子の強烈な辛みの「ビーフカレー」も人気。めちゃくちゃな辛さに中毒者も続出しているんだ。

  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING

HAVAN DINING

ハヴァナ ダイニング

新潟市中央区

  • 新潟市中央区水道町1-5939-37
  • SEA WEST3
  • 025-201-7092
  • 【ランチ】
    11:00~16:00(L.O.15:00)
    【カフェタイム】
    15:00~16:30(L.O.16:00)
    【ディナー】
    16:00~21:00
    (10名様以上の事前予約制)
    定休日/無休

食べて健康。おいしくヘルシーベジタリアンカレー

肉、魚、卵、そんなの入っていなくたって野菜だけでカレーはおいしくなるんだ。なんで?って、答えは簡単。薬膳としても使われているスパイスのおかげ。『HAVAN DINING』では、24種類ものスパイスをメニューによって使い分けているんだ。日替わりで展開されるランチバイキングは、旬の野菜カレーをはじめ、植物性タンパク質たっぷりなベジタリアンメニュー。おかわり自由のナンは、いつでも焼きたて。いっぱい食べて、身体の内側から健康になれるなんて最高だね。

欧風カレー食堂jizi
  • 欧風カレー食堂jizi
  • 欧風カレー食堂jizi
  • 欧風カレー食堂jizi

欧風カレー食堂jizi~ジジ~

ジジ

新潟市中央区

  • 新潟市中央区南万代町13-2-3
  • 025-241-1989
  • 【ランチ】
    11:30~14:30
    【ディナー】
    17:30~20:30
    定休日/月曜日、不定休

玉ネギ丸ごと、コトコト煮込んだ欧風カレー

新潟で欧風カレーといえば、JR新潟駅前にある『欧風カレー食堂jizi』だ。東京のオフィス街で人気を誇ったキッチンカー時代を経て、新潟で店を構えたんだ。「カレーは辛い」の概念を覆し、甘さを感じるカレーこそがjiziのカレー。玉ネギを丸ごと2日間かけてじっくりと煮込み、スパイスを加えてペーストになるまで火を入れる。これが甘さのヒミツ。インドカレーと違って、スパイスを一緒に煮込みバターなどでコクを。トッピングの甘いピクルスとの相性もGOOD。

イジカリ デ’ラジア
  • イジカリ デ’ラジア
  • イジカリ デ’ラジア
  • イジカリ デ’ラジア

イジカリ デ’ラジア

イジカリ デ’ラジア

新潟市中央区

  • 新潟市中央区東大通2-4-34
  • ラポール万代2F
  • 025-241-1989
  • 【ランチ】
    11:30~15:00(L.O.14:00)
    【ディナー】
    18:00~23:00
    (ドリンクL.O.22:30/フードL.O.22:00)
    定休日/月曜日

スパイスの魔術師が新潟にやって来た

人気のイタリアンレストラン『IJIRUSHI』の姉妹店『イジカリ デ’ラジア』が、2017年8月にリニューアルオープンした。スパイスの魔術師ジャイシさん、Mr.おもてなしディプさんをむかえパワーアップ。インド料理を中心に、本格アジア料理が味わえる。お酒と楽しむカレーをコンセプトに、自慢の「プロウンカリー」は白ワインとベストマリアージュ。カシューナッツペーストで深みを、たっぷりのエビのうま味に7種のスパイス。北インドスタイルのカリーが完成だ。

カレーカフェ デイジー
  • カレーカフェ デイジー
  • カレーカフェ デイジー
  • カレーカフェ デイジー

CURRY+CAFE daisy

カレーカフェ デイジー

長岡市

  • 長岡市西神田町1-4-5
  • 0258-35-7333
  • 【ランチ】
    11:30~15:00
    【ディナー】
    18:00~22:00
    定休日/火曜日

女子に人気の市民家風カレー屋さん

店内で流れる音楽のセンスに好感を得ながら、カウンターに目を向けるとCalmの新譜アルバムが置いてあるではないか。店主の山本さんは、同じバンドにいた30年来の親友だとか。店内はどこか懐かしく、愛媛の砥部焼などが並ぶ。カレーが盛られる皿は、自らセレクト。専門的じゃないけど、家では食べられないカレー。そんなカレーを提供している。定番のチキンカレーは、じっくり炒めた玉ネギの甘さをしっかりと感じられ、後からくるスパイスがクセになる。

トンカツ イサオ
  • トンカツ イサオ
  • トンカツ イサオ
  • トンカツ イサオ

とんかつ いさお

トンカツ イサオ

長岡市

  • 長岡市摂田屋町2703-33
  • 0258-23-3730
  • 【ランチ】
    11:30~14:00(L.O.13:30)
    【ディナー】
    17:30~20:00(L.O.19:30)
    定休日/木曜日、日曜日、祝祭日

肉厚ジューシー。とんかつ屋さんでカレーを食べた

分厚いとんかつが食べたいなら、長岡の『とんかつ いさお』がパッと思い浮かぶ。メニューはとんかつ定食、カツカレー、カレーライスのみ。とんかつ屋でありながら、カレーの方が多いんだ。大きくカットされた豚肉に、玉ネギを加えて3~4時間コトコト煮込むカレーは、母ちゃんの味。主役のとんかつは国産豚を使用。分厚くカットされ、ライスの上に堂々と居座っている。母ちゃんが一人で切盛りしているから、事前に予約するのが常連の優しさだって。

インド料理ナタラジャ
  • インド料理ナタラジャ
  • インド料理ナタラジャ
  • インド料理ナタラジャ

インド料理ナタラジャ

ナタラジャ

新潟市西区

  • 新潟市西区坂井東1-3-26
  • 025-233-6521
  • 【ランチ】
    11:00~14:30
    【ディナー】
    17:30~22:00
    定休日/不定休

インドカレーの真骨頂。やっぱりスパイスが決めて

インドカレー専門店として、カレーフリークスを唸らせてきた『インド料理ナタラジャ』。インド音楽の流れる店内では、もちろんインド人シェフが腕を振るっている。定番のチキンカレーもいいが、夏の特別メニュー「チキンビンダール」に決めた。チキンとポテトの組み合せに、マスタードのキリッとした酸味と辛さが夏らしい一皿。辛さもあるが、ふんだんに使われたインディアンスパイスで汗が止まらない。酸味とスパイシーがクセになり、一瞬で心をつかまれる。

EDITOR IN CHIEF
SHOTA KONDO

近藤翔太

今回、7店舗のカレー屋さんを巡ってみました。やっぱり、カレーってうまいですよね。「カレーは飲み物」って言いますが、ナンとか、ライスとかは必須だなって思いました。取材の後遺症(?)で、週3カレーの時もあったり。