なじらぼ!

  1. グルメ・カフェ
  2. やきとり特集

やきとり特集

2017.09.21

右手にビール、左手に串を。
ガブっとヒトクチ、やきとり特集。

GOURMET

素材や焼きにこだわった新潟のやきとり名店たち

あの香ばしい匂い、焼くときの音、けむり…想像しただけでたまらない気分になってしまう、やきとり。串を片手にビール飲みながら、気のおけない友達や恋人とあれこれしゃべって過ごす楽しい時間は、まさに至福です。大人になってよかったなと思うのは、けっこうこんなひとときだったりします。レバーに皮にねぎまにつくねに…そんないつも注文する定番串から、チーズやキムチがトッピングされたバラエティー豊かなオリジナルの串まで、やきとりはどんな串でも不思議とビールとの相性が良い(良い、というか、最高!)。やきとり屋さんで友人と飲み明かすなんて…ちょっと老けてきたかな? でも、やっぱり最高です。そんなシチュエーションにピッタリなやきとりの名店を厳選してご紹介!最後には、やきとりの名称の解説付き!

焼いている音、独特の香り、いい感じの焦げ目と、やきとりは見ているだけでも楽しい!

最近はいろんな創作的なやきとりがあって、ワクワクしますね。このトマトのベーコン巻きとか絶対うまそう…(ヨダレ)

やきとりの種類の解説はこちら

Grill Humpty
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING

やきとりの扇屋
新潟大学駅前店

ヤキトリノオウギヤ
ニイガタダイガクエキマエテン

新潟市西区

  • 新潟市西区坂井砂山3-6-47
  • 025-211-0137
  • 17:00-翌1:00

ファミリーで楽しめる。メニューは100種類以上

やきとり、おつまみなど、100種類以上もの豊富なメニューがそろうやきとり屋なんて、なかなかないですよね。銘柄鶏(あべどり)など、厳選された食材のやきとりはもちろんウマいけど、一番人気の「月見★旨つくね」は、コリコリの軟骨に加えて、牛タンの角切りがはいり、秘伝のタレが合わさって、ビールがうまい。明太マヨネーズなどがトッピングされた串は、テーブルに届いてからバーナーで炙ってくれる。アトラクション感も満載だ。ちなみに扇屋では、焼師試験があり、認められた職人さんが各店舗にいる。鶏、豚だけじゃなく、野菜などの串も一緒に焼くから技術はしっかりしなきゃなんだって。禁煙席もあるから、ファミリーでも安心して楽しめますよ。

Metzgerei TERRA
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING

やきとり串吉

ヤキトリクシヨシ

新潟市中央区

  • 新潟市中央区弁天1-2-11
  • 弁天INGビル 1F
  • 025-247-9444
  • 17:30-23:00

新潟で47年。新潟駅前のやきとり専門店

新潟駅前で店を構えて47年。メニューは串物がほとんどで、トマト、キュウリなどの一品物がちょっと。「やきとりと酒があればOK」って、やきとり好きなのんべえが集っています。かしらにかしわ、純皮など、串は職人さんの手刺し。肉屋さんとの付き合いも長く、その時々で鮮度の高い肉を持ってきてくれるんだとか。串メニューは、すべて4本セット。塩、タレはお好みでチョイス。長年注ぎ足してきた自慢のタレは、サラッとして季節で味を変えているんです。夏はしょっぱく、冬は甘めと。ちなみに人気は純皮。余計な脂を落とし、外はパリッと、中はプリッと、皮のうま味を存分に味わえる。まずは、塩、タレともにオーダーしてみよう。

にいがたバルOLMO
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING

火男 串”ら分店

ひおとこくじらぶんてん

新潟市中央区

  • 新潟市中央区弁天1-3-5
  • 090-3227-9494
  • 月~木/17:00~翌1:00
  • 金土祝前日/17:00~翌2:00
  • 日祝/17:00~24:00

女性も気軽にカジュアルに、やきとり食べよ

新潟駅前、駅南にある焼き鳥専門店「串”ら」(くじら)の分店。女性でも入りやすいカジュアルな店内では、1本80円~こだわりのやきとりが食べられます。1口サイズの小ぶりな串は、たくさんの種類を食べてほしいからと、女性に合わせた気使い。定番のやきとりメニューに加えて、霜降り部分を使った牛タンなど、牛、豚はもちろんだけれども、大粒のつぶ貝、ほたてなど海鮮串も豊富です。ヒナ鶏を3日間煮込んで作る自慢のタレは、ちょっと甘め。店長自ら厳選した新潟の地酒は、常時20種類以上揃い、相性抜群です。デートなんかでもOKなので、日本酒とやきとりの組み合せで大人なデートをしてみませんか?

Oven Bar STOVE
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING

やきとり泰三

やきとりたいぞう

新潟市江南区

  • 新潟市江南区旭2-1-15
  • 025-381-9599
  • 平日/17:00~翌2:00
  • 金土祝前日/17:00~翌4:00

賑やかな店長さんが笑顔でおでむかえ

JR亀田駅前に、いつでも元気いっぱい、賑やかな店員さんが出迎えてくれるやきとり屋さんがあります。亀田に店を構えて8年。毎日新鮮でフレッシュな素材だけを使い、鮮度の高いやきとりを提供しています。ちなみ取材当日は、8周年の当日で、開店前から常連の方がお祝いを持ってきたりと、店長さんの人柄をうかがえました。1番人気は新鮮なレバー。トロっとした舌触りと、師匠から受け継いだ秘伝のタレの相性は抜群です。やきとりにトッピングをした創作串は全8種。なかでも人気の「オニオンマヨネーズ」は、たっぷりのマヨネーズとシャキシャキ玉ネギのハイカロリー。深雪もち豚、越乃ふるさと牛など、厳選食材も楽しめます。

SAKURAGI BUTCHER HORLY’S
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING
  • HAVAN DINING

串焼きとこころ 克

くしやきとこころかつ

新潟市中央区

  • 新潟市中央区春日町7-21
  • 025-250-1228
  • 17:00-23:00

刺し方も、焼き方も。美味しさを一番に

とにかく美味しさを一番にと。部位や種類によって、刺し方や焼き方をすべて変え、一番美味しい状態で提供してくれます。刺し方は、なんとなく想像できるが、焼き方って?って思った方もいるのでは。同店で使用されている炭は、日本三大備長炭・紀州備長炭。最高1,200℃にも達するといわれます。この炭を用いて、炭の高さや空気の入れ具合で、高温、中温、低温に分け、じっくり焼いたり、一気に焼いたりしているのです。素材にもこだわり、その日仕入れたものはその日の新鮮なうちに。やっぱり鮮度が一番。お酒の具合、その時々に合わせておまかせでも焼いてくれます。やきとり屋さんで、「とりあえずおまかせで」なんて、カッコイイですよね。

いちおう知っておこう、やきとりの種類。

やきとりとは、「鳥肉にタレや塩をつけてあぶり焼いたもの。牛、豚などの臓物などを串焼きにしたものにもいう(広辞苑)」とあるように、とてもシンプルで、手作りの技がダイレクトに伝わる料理です。だからこそ、素材であるお肉の部位によって味の違いを楽しむ料理でもあるのです。ではどんな種類があるのか、ちょっとだけ解説していきましょう。実はよく知らなかった、って人も多いのでは?

名称
解説
正肉(モモ、ムネ)
鶏のモモ肉、ムネ肉を一口サイズにカットし、串に刺したやきとりの定番。タレでも塩でも楽しめるので、万人に愛されています。ジューシーな肉汁と、プリッとした食感が好きな人はモモ肉。さっぱりと、しっかりした肉感を味わいたい人はムネ肉。
ささみ
鶏の胸部にある上質な部位です。あっさりとした味わいが特長で、脂肪分が少なく、柔らかいので女性に人気。タンパク質が豊富なので、ダイエットや筋肉をつけたい人にもおすすめです。ワサビ醤油や、しそ巻きにして提供する店舗も多いです。
モモ肉に付いている皮や、厚みがありうま味の強い首の皮を使うことが多いです。カリッと焼き上げるタイプと、プリッとした食感を残すタイプで分かれます。コラーゲンが豊富で、脂っこいもの好きの男性だけでなく、女性にも好まれます。
つくね
鶏挽肉に卵、片栗粉などを混ぜ、団子状にしたものを串に刺します。店舗によっては、軟骨を加えてアクセントにしたり、卵黄をつけて食べたりとさまざまなアレンジで提供されています。きりたんぽ状にしたつくねも目にしますね。
手羽
手羽元、手羽中、手羽先の3つの部位に分かれています。ジューシーな肉質と、パリッとした皮を楽しめ、骨付近ならではの凝縮したうま味が味わえます。食べ慣れている人ほど、びっくりするぐらいキレイに骨だけ残りますよね。
ナンコツ
あっさりとした、胸部の先にあるヤゲンナンコツ。脂っぽい、頸骨と大腿骨の間にあるひざナンコツ。この2種類がありますが、両方ともコリコリした特長ある食感が人気です。やきとり以外にも、から揚げにしたおつまみで提供されたりもしています。
レバー
トロッとした食感と、なめらかで濃厚な口当たりが特長。鶏の肝臓です。ビタミンCなどの栄養素を多く含んでいます。脂肪肝状態のものは白レバーといわれ、フォアグラのような味わいです。熱燗と相性が良いですよね。
ハツ
ハートともいわれる、鶏の心臓です。半分に開いてから串に刺すタイプが多いですが、丸焼きで提供している店舗もあります。プリッとした弾力を失わないように焼き過ぎず、焼かな過ぎず。クセのない部位なので食べやすいです。
砂肝
ズリとも言われ、鶏だけが持つ胃袋です。エサを突く時に食べてしまう砂を処理する部位なので、シャキシャキとした力強さがあります。臭みがなく、あっさりとした味が人気で、正肉、皮などといった定番のひとつともいえます。
ぽんじり
ジューシーでプリッとした食感が人気です。鶏の尾羽がはえている部分です。皮を丸くまるめたイメージで、脂がのっているので、こってり好きにはおすすめです。もちろん、コラーゲンも豊富なので、女性にも人気です。
そり
しっかりとした弾力と風味が特長で、上質なモモ肉といったイメージです。骨盤の内側にある、ピンポン玉サイズの筋肉です。しっかりとした鶏肉を味わいたい人には、ぜひ、食べてもらいたい貴重な部位です。

EDITOR IN CHIEF
SHOTA KONDO

近藤翔太

今はお店の取材をする側ですが、昔はされる側だったんです。そう、居酒屋定員してました。やきとり焼いてたりもしてたんです。仕込みも。だからこだわりとか聞くと、大変さも伝わって、懐かしくもありましたね。(取材中はこのことを隠してましたけど)

\この記事をみんなに紹介しよう/