1. ホーム
  2. グルメ・カフェ
  3. 親子丼特集

2018.7.25

どんぶりで親子の共演。トロっと卵とジューシーな鶏肉

ラーメン、カレー、うどん、蕎麦などなど。王道といえる国民食に肩を並べて人気の「親子丼」。文字さながら親(鶏肉)と子(卵)がどんぶりの中で共演。トロっとした卵に、店舗によっては炭火で香ばしく焼き上げた鶏肉、そして自慢の出汁で味を絡ませる。定食屋さんに行けば、親子丼、かつ丼、生姜焼き定食、カレーと並んで四天王だ。昔懐かしい味わいから、濃厚な最新親子丼まで。新潟でおすすめの親子丼を集めてみました。

名鶏・比内地鶏の親子丼

居食亭さくま

新発田市

新発田市舟入町2-4-16
TEL.0254-23-7781

名鶏・比内地鶏の親子丼

誰しもが一度は耳にしたことのある名鶏「比内地鶏」。引き締まった身と、強いうま味が特徴。さくまでは鶏肉だけでなく、出汁にも使用。パティスリーで使用するような濃厚な卵と合わせ、ガツンと鶏本来のうま味が感じられる親子丼に仕上げている。

さくまでは食事メニューの他に、クジラ、カンガルー、カエル、ワニなどの変わった食材メニューも提供しているんだ。

○比内地鶏親子丼 ¥930(税別)

湯上りに食す、究極の親子丼

弥彦桜井郷温泉 さくらの湯

西蒲原郡弥彦村

西蒲原郡弥彦村大字麓1970
TEL.0256-94-1126

湯上りに食す、究極の親子丼

新潟の地鶏「にいがた地鶏」を香ばしく炙り、五泉・キムラファームで大切に育てられた卵を使用した、地産地消の親子丼。昔ながらの懐かしい味付けに、ふわふわ卵がクセになる。地鶏のしっかりとしたうま味がまた味わいたいと、幅広い年代に人気なんだとか。

さくらの湯は源泉かけ流しの温泉施設。ゆっくりと湯船に浸かった後は、食事も楽しめる。

○究極の親子丼 ¥1,380(税込)

出汁に命を懸けた親子丼

和らぎ亭 しまや

新潟市中央区

新潟市中央区南笹口1-567-22
TEL.025-288-6761

出汁に命を懸けた親子丼

炭火焼することで炭の香りと、香ばしさを加味した鶏肉「越の鶏」。1g単位で何百回も試行錯誤した熟成出汁。これらをまとめ上げる希少な濃厚卵の味わいと、絶妙な火加減。火を通し過ぎず、まるで卵かけご飯かのようにトロっとした絶品。

夜は居酒屋として利用できる「和らぎ亭しまや」。この親子丼は、飲んだ〆にもピッタリなんだ。

○特上親子丼 夜/¥1,000(税別)、平日昼/¥800(税込)、土日祝昼/¥900(税込)

THE定番、王道の親子丼

丼どん亭

新潟市江南区

新潟市江南区横越中央2-1-1
TEL.025-383-6520

THE定番、王道の親子丼

「変わった親子丼より、普通が一番」と語る店主が作る親子丼は、丸大豆醤油と本味醂、昆布出汁で甘じょっぱく味付けした、これぞ親子丼といった親子丼。絶対に外すことのない味わいだ。食べやすくカットされた鶏肉も、卵も絶妙な火加減で半熟過ぎずに固まり過ぎず。

どんぶりメニューが豊富。15種類以上もあるどんぶりメニューのほか、パスタもどんぶりに盛られてやって来る。

○親子丼 ¥800(税込)

3種類から選べる親子丼

丼や いし井

新潟市中央区

新潟市中央区本町通6-1138
新潟市本町食品センター内
TEL.025-224-0920

3種類から選べる親子丼

「あっさり」「こいくち」「ピリ辛」の3種類の味付けから選べる親子丼。鶏の臭みが消え余計な脂が落ちるからと、地鶏のモモ肉を直火で炙っている。丸鶏から丁寧に抽出した出汁を使い、それぞれの好みに合わせた味付けで提供してくれる。

ジャコ&ゴマをトッピングすると香ばしさを、山椒を振りかければ爽やかな味わいに。トッピングでも楽しめるんだ。

○あぶり親子丼(小鉢、漬物、みそ汁付き) ¥750(税込)

EDITOR IN CHIEF
SHOTA KONDO

近藤翔太

鶏肉、卵、出汁。材料なんてこの3つなのに、自宅でパパっと作ろうとしても上手に作れないのが親子丼。トロトロにもならないし、火の通りを気にしていると鶏肉が固くなっちゃうし。お店で食べるたびに、やっぱりプロは違うよなって再確認。みなさん、ご馳走さまでした。

\この記事をみんなに紹介しよう/