なじらぼ!

  1. グルメ・カフェ
  2. 自宅で簡単プロの味~パスタ編~

自宅で簡単プロの味~パスタ編~

2017.10.30

寒い時期に食べたくなるよね。
いろいろキノコのクリームパスタ。

COOKING

レストランで味わうようなパスタ、作ってみませんか?

自宅でチャチャっと本格的なパスタが作れたら、めちゃくちゃカッコイイですよね。寒くなってキノコもおいしいし、クリーム系とか食べたくなるし。そこで新潟市中央区にあるイタリアンレストラン「LA CUCINA ITALIANA Ijirushi」の伊藤さんにおいしいパスタの作り方を教えてもらいました。

家庭でそろう食材で作れちゃうなんて。材料はコレ。

<必要な道具>
フライパン

<材料>
タリアテッレ(なければ乾麺スパゲティ):100g
キノコ:2~3種類100g
ニンニク:1/2カケ
純生クリーム:100cc
白ワイン:50cc
無塩バター:大さじ1
パルメザンチーズ(なければ粉チーズ):大さじ2~3
イタリアンパセリ:少々
黒胡椒:少々
塩:ひとつまみ


①|少量のオリーブオイルで、中火でキノコを炒めます。この時、食材をいじらないように注意しましょう。キノコに焦げ目が付いて、香ばしく焼きあげるにはなるべく触らずに、裏表を焼くイメージで。キノコに焦げ目が付いたら、はじに寄せてニンニクを投入します。油分が足りない場合は、オリーブオイルを足してもOKですが、入れ過ぎると、生クリームを入れた時に分離してしまうから要注意。

②|①で炒めた食材に、ちょっとプロっぽいひと手間を。白ワインでうま味をプラスします。強火にして、白ワインを入れたら、グツグツと煮るように、アルコールと水分を飛ばします。ほとんど白ワインがなくなるまで、しっかり熱しましょう。でないと、アルコールが残ってしまい、雑味が出ちゃいます。

③|さて、クリームパスタの主役ともいえる生クリームの登場です。生クリーム、パルメザンチーズを入れて、加熱します。この時に、グツグツと煮込んでしまったらダメ。低温もしくは余熱で和えるだけで大丈夫なんです。軽く火を通して、全体をなじませたらソースが茶色っぽくなってきます。このタイミングを見逃さないようにしましょう。火を止めて、バター、黒胡椒を少々加えてソースは完成です。

④|2リットルの水に、20gの塩(分量外)を加えたお湯でパスタを茹でておきます。思ったよりもしょっぱいぐらいがベストです。パスタが茹であがるタイミングでソースが完成するとベストですが、自信がない方は、ソースを先に仕上げておきましょう。茹であがったパスタをソースとよく絡めて、若干火を入れます。この時に、ソースがちょっとだけ多くてゆるめにしておくのがポイントです。

⑤|キレイに盛りつけられたら、イタリアンパセリと黒胡椒を散らしましょう。黒胡椒は、挽き立てがオススメです。辛みでなく、香りも楽しむスパイスなので、スーパーなどでも売っているホールタイプを使用しましょう。濃厚さが特長のクリームパスタは、スッキリとした白ワインなんかと合わせて楽しめます。

教えてくれた人

伊藤健之

TAKEYUKI ITO

オーナーシェフ

自称「鬼しぇふ」の異名を持つ、イタリアンレストラン・イジルシのオーナーシェフ。仕事に対しては“鬼”であるべきと考え、厳しい一面を持ちつつ、鬼である事が優しさに変わる時も。あえて“シェフ”を平仮名で“しぇふ”にしたのは、優しさを表すこだわりだとか。

LA Cucina Italiana IJIRUSHI

新潟市中央区店舗情報

新潟市中央区東万代町1-5 ドゥークスビル1F
025-255-1464
11:30~15:00(lo.14:00)
18:00~23:00(food lo.22:00/drink lo.22:30)

伝統的なイタリア料理の技法を駆使して、地産地消を心掛けた料理を楽しめるイタリアンレストラン。メリハリのある味つけの料理には、厳選された自慢のワインがオススメ。

EDITOR IN CHIEF
SHOTA KONDO

近藤翔太

グルメ系コンテンツ全般を担当。食べるのも、作るのも大好き。取材先でおいしいモノを食べすぎ、プライベートでも食べすぎ、ちょっと飲みすぎ。ポッコリお腹になったので、最近はランニングをしてダイエット中。これからやってくる食欲の秋が怖いです。