1. ホーム
  2. グルメ・カフェ
  3. 魚料理特集

2018.9.25

新潟といえば米、酒、そして魚。

最近流行りの熟成肉をはじめとした肉料理もパワフルでいいけれど、ちょっと落ち着いて魚料理が食べたいなってあなたに朗報です。Najilabo編集部が、今食べたい魚料理を集めてきました。魚料理といったら刺身とか和食のイメージが強いけれども、イタリアンなんかもありますよ。さぁ、この新鮮な魚料理を見て、魚好きのあなたはどれをチョイスしますか?

和菓子処 新星堂

うなぎ料理 かわかみ

小千谷市

小千谷市桜町5136-4
TEL.0258-82-7762

鰻がうまけりゃ、タレもうまい。

愛媛県「三河一色産うなぎ」を使った「かわかみ」のうな重。注文が入ってからさばくので新鮮そのもの。低温でじっくり焼き、秘伝のタレにつけては焼いてを繰り返す。ふっくらした身と、鰻のうま味が凝縮されたタレに箸のスピードはどんどん加速する。

鰻は蒸し焼きにする「関東風」と、焼くだけの「関西風」が選べるんだって。どっちが好み?

○うな重 特上(肝吸い付) ¥3,500(税込)

田中屋本店 イオン新潟青山

Taverna chiacchierino

新潟市中央区

新潟市中央区東大通2-2-11
TEL.025-288-5523

魚の種類はその日によって。

その日仕入れた鮮魚でメインが決まるこちらのパスタ。本日は連子鯛(レンコダイ)を使用。アクアパッツァを作る要領でパスタソースを作り、魚のうま味を塩とオリーブオイルのみで最大限に引き出す。そこに甘みの強いミニトマトでジューシーさをプラス。魚をほぐして、混ぜて食べよう。

日替わりパスタってよくあるけれど、具材が替わるって珍しいよね。明日は何の魚かな?

○本日の丸ごと鮮魚とミニトマトのアクアパッツァソース ¥800/100g(税別)

美豆伎庵 金巻屋

はじめ土間家別邸

新潟市中央区

新潟市中央区米山1-1-15
TEL.025-383-8209

刺身と一緒に地酒で一杯。

「はじめ土間家別邸」には新潟県内の地酒がずらりと揃う。そんな地酒に合うようにと、店主の目利きで仕入れた鮮魚の刺身は新鮮そのもの。その日の仕入れによって内容は変化するので、「今日はどんな魚が出てくるの?」って気さくな店主に聞いてみよう。

刺身もおいしいけれど、朝7:00から釜戸で炊いたお握りを販売しているんだって。

○お刺身の盛り合せ5点 ¥1,680(税別)

百花園

T'Sキッチンまかないや

新潟市江南区

新潟市江南区茗荷谷711
中央卸売市場内
TEL.025-257-6947

市場直送の鯵をサクッとフライに。

新潟の食の中心「中央卸売市場」内に店を構える「T’Sキッチンまかないや」は、市場から仕入れた新鮮な食材を使ったメニューが豊富。このアジフライもそう。仕入れてからすぐさばき、小骨を一本一本丁寧に処理しているから、ふっくらした身をにブっとかぶりつけるんだ。

寿司屋も営むこちらのお店は、板前さんがやっているから海鮮ちらし丼も抜群のおいしさなんだ。

○アジフライ定食 ¥850(税込)

魚菜家

魚菜家

新潟市西区

新潟市西区小針6-33-21
TEL.025-265-0990

魚は市場直送。野菜は自家農園で栽培

20種類以上ものランチメニューが揃う「魚菜家(さかなや)」は、新鮮な魚介を市場から直送。さらに、野菜は自家農園で大切に育てたものを使用し、彌彦地域で育ったコシヒカリと一緒に味わえる。主菜と副菜はそんなこだわりが詰まっただから、うまいこと間違いなし。

主菜、副菜、刺身3点、小鉢、漬物、味噌汁、ご飯。こんなにボリューム満点。

○日替わり定食(平日限定) ¥1,180(税込)

EDITOR IN CHIEF
SHOTA KONDO

近藤翔太

みなさん、お寿司屋さんに行ったら好きなネタは何ですか?きっとマグロとか、イクラとか、ウニとかが好きですよね。食べなくはないんですが、お寿司屋さんに行くと注文が青魚のオンパレードになってしまうんです。ちなみに二回は頼むのが、梅しそ巻き。これつまみにもなるんです。

\この記事をみんなに紹介しよう/