なじらぼ!

  1. ホーム
  2. グルメ・カフェ
  3. ショートケーキ特集

2018.3.26

ザ・定番ケーキだけど、たまに食べたくなる。

シュークリーム、プリン、モンブラン、チーズケーキ、そしてショートケーキ。どこのケーキ屋さんに行っても、煌びやかなショーケースの中には必ずちょこんと待っていてくれるザ・定番のスイーツたち。なかでもこの時期になると、旬を迎えて甘くてジューシーに熟れてくるイチゴを使ったショートケーキは、可愛くって、たまに無性に食べたくなる。だから今食べたいショートケーキ、集めてみました。

Patissier Caffe Orleans

Patissier Caffe Orleans

子どもの頃に食べた、どこかホッとする味

五泉キタムラファームの新鮮な卵を使用した、しっとりと卵の風味が香るスポンジ。高脂肪、低脂肪の生クリームを独自の配合でブレンドした、口当たりの良いクリーム。大ぶりにカットされたイチゴが合わさって、どこか懐かしい味わいに。

苺のショートケーキ ¥388(税込)

お店の目の前は小学校。だから小さい子どもが好きな、なんかホッとするような味にしているんだって。もちろん洋酒も使ってないよ。

新潟市東区

Patissier Caffe Orleans

新潟市東区もえぎ野3-8-7|TEL.025-385-6605

菓子工房 ボンクールSAITO

菓子工房 ボンクールSAITO

タルト生地が楽しいショートケーキ

きめ細やかなスポンジ生地、甘さ控えめの生クリーム、スライスされたイチゴを通り抜けると、タルト生地にぶつかった。ショートケーキでは珍しく、タルト生地を土台にしている。サクッとした食感がアクセントになりつつ、タルト特有の風味も重なって、ちょっとリッチなショートケーキ。

ショートケーキ ¥380(税込)

粉と卵をしっかりと混ぜ合わせることで、きめ細かくって密度の高いスポンジに焼き上げることができるんだって。

新潟市北区

菓子工房 ボンクールSAITO

新潟市北区松浜本町1-19-11|TEL.025-259-2162

Un Lemieux 菓子工房売店

Un Lemieux 菓子工房売店

スタンダードだからこそ愛されるケーキを

2種類の生クリームをブレンドし、甘さ控えめにしたクリーム。糖分量を増してしっとり焼き上げたスポンジ生地。相反する2つが合わさることで、自然と食べやすく、いくつでも食べられるショートケーキが完成する。1番スタンダードなケーキだからこそ、愛されるレシピを考えた。

ショートケーキ ¥400(税別)

夏はメロン。季節によって変化するアンレミューのショートケーキ。果物によってクリームの味を変えるんだって。

新潟市東区

Un Lemieux 菓子工房売店

新潟市東区卸新町2-916|TEL.025-271-8581

Patissier Caffe Orleans

パルファンドゥー

自家製ジャムで爽やかな風を

九州から取り寄せている生クリームは、口溶けが良く、とってもミルキー。生クリームが嫌いな人でも食べれちゃうんだとか。自家製のイチゴジャムを1層プラスすることで、爽やかな酸味であっさりと食べやすいショートケーキになっている。

ショートケーキ ¥440(税別)

イチゴは季節によるけれど、「越後姫」か「とちおとめ」を使っているんだって。

新潟市中央区

パルファンドゥー

新潟市中央区川端町6-40-1|TEL.025-225-3883

洋菓子店 クレーシェル

洋菓子店 クレーシェル

春だからイチゴをたくさん食べたいな

ふわっとした食感のスポンジ、スライスされたイチゴを合わせたクリームが5層に重なったショートケーキ。こんなにたくさんイチゴが入っていると、なんだか春を食べているみたい。イチゴの酸味であっさりとして、ちょっと大人なショートケーキ。

苺のショートケーキ ¥500(税別)

クリームの中に隠れているイチゴって、ないはずの所から出てくると、ちょっと得した気分だよね。

新潟市中央区

洋菓子店 クレーシェル

新潟市中央区川端町1‐6‐1|TEL.025-222-2991

EDITOR IN CHIEF
SHOTA KONDO

近藤翔太

はい、甘党のスイーツ男子です。ケーキは2~3個、ペロっと食べれちゃいます。会社に届いたお菓子は必ずと言っていいほど女性社員と仲良くシェアし、おやつタイムは欠かせません。今回「ショートケーキ」を食べ比べて、奥の深さにやっつけられました。

\この記事をみんなに紹介しよう/