1. ホーム
  2. 日本酒特集
REGULUS

阿部酒造

REGULUS
720ml

1,800円(税別)

六代目蔵元杜氏が考える、自分が伝えたい味。

日本酒の名前としては珍しい、英語表記を起用した阿部酒造「REGULUS」。現在スターシリーズといわれる3銘柄(REGULUS、VEGA、FOMALHAUT)を販売しています。なかでもこの「REGULUS」は、六代目蔵元杜氏・阿部裕太さんが考え抜いた、「自分が伝えたい日本酒の味」。新潟らしい越淡麗ではなく、酸味を際立たせたエッジの効いた味わいです。「日本酒なら和食」という固定観念を打ち破り、洋食、特にレモンや塩胡椒などの調味料と相性が良いのが特徴。日本酒でありながら日本酒らしくない、これから注目の日本酒です。

アルコール度数 14%
麹米 柏崎産
越淡麗
60%
日本酒度 非公開 酸度3.1

阿部酒造

柏崎市

柏崎市安田3475-1
TEL.0257-22-4317

親から子にへと、代々伝えられてきた酒造の在り方。

1804年の創業より、阿部酒造は代々“内杜氏”というやり方で、親から子へとバトンを渡すように酒造りの技術が伝えられ、阿部家当主が杜氏となって営まれてきました。新潟の数ある酒蔵の中でも小さな酒蔵で、一時は製造から酒販へシフトした時期もありましたが、現在では「小さい」という特性を生かしたさまざまな日本酒を製造しています。今回ご紹介したスターシリーズをはじめ、「あべシリーズ」もそのひとつ。柏崎産の酒米を使うなどして、自分達の考える日本酒を作り続けています。これからの阿部酒造、新潟の日本酒業界にどんな新風を吹かせてくれるか注目です。

阿部酒造の代表銘柄

あべ 定番純米吟醸

720ml|1,570円(税別)

米本来のうま味と、程よい酸味を感じられる「あべシリーズ」の定番。地元新潟県産の五百万石を100%使用しています。酸味という味覚を阿部酒造らしい個性と考え、クリアであっさりとした味が食中酒としても楽しめます。

SAZANAMI

720ml|1,580円(税別)

毎年変わる米の味をダイレクトに味に反映させた日本酒です。その年によって酒米は溶けやすい、溶けにくいといった状態があり、通常だと状態によって味の調整を行いますが、その年の味を感じられます。日本酒マニアにオススメ。

特別本醸造 越乃男山

720ml|1,050円(税別)

阿部酒造の代表銘柄。米の味の甘みを感じられ、淡麗で飲み口の良さに、地元柏崎では代々飲まれ続けてきました。阿部酒造を知るなら、まずは「越乃男山」から飲み始めてみてはいかがでしょうか。

Najilabo編集部が飲んでみた(※これも仕事です)

飲んでみたのはこれ!

阿部酒造|REGULUS 720ml

1,800円(税別)

  • 飲んですぐ「新潟淡麗ではない」と感じました。スッキリとしているけれど、軽すぎなくて、しっかり冷やすことでその特徴と酸味が際立って感じられました。グイグイ飲み進めてします日本酒でした。(近藤)
  • 良い意味で日本酒らしくないと感じました。酸が強く、甘みも強いけど、スッキリ。トマトやチーズに合うと思うけれど、何かと合わせるよりも、日本酒だけを純粋に味わいたいです。(伊川)
  • 後味がスッキリして、とっても飲みやすいと思います。日本の水、米、麹からこのような酒ができていることに驚きましたね。ラベルさながら日本酒でありながらも、どこか外国の雰囲気を感じ取れる新潟の酒でした。(山崎)
  • 「半分、青い。」の録画を見ながら深夜に試飲。酸味のインパクトと甘さが際立っていて、華やかな感じがしました。友達としゃべりながら、お猪口よりグラスで飲みたい感じがします。(藤田)
  • 香り、酸味、ラベルのデザインまで、白ワインをイメージさせる日本酒。ワイングラスで飲むと、この日本酒の特徴をとても感じられるだろうな、と思いました。白ワインを飲み進めている友人に勧めても、日本酒だと分からないかもしれませんね。(酒好きのユーザー:松平さん)