なじらぼ!

  1. ホーム
  2. 新潟今昔写真

2018.4.3

萬代橋の今昔写真

新潟の今と昔の風景写真から見えてくるもの…、思い出される懐かしい時代の記憶…。Najilaboでは人気のアプリ「新潟今昔写真」とのコラボレーションによる新連載「新潟今昔写真×Najilabo」をスタートします!第一回のテーマは水の都・新潟のシンボルともいえる「萬代橋」の今昔写真。昔と今の写真を見比べて、ぜひ萬代橋の歴史を感じてください!

万代橋の架け替え

昭和4(1929)年頃

萬代橋が2代目から3代目へと生まれ変わる、架け替えのタイミングをとらえた、昭和4(1929)年頃の写真。3代目は、2代目の約30m下流に架けられました。写真奥(中央)には、新潟駅に発着する機関車のものらしき煙を確認することができます。当時の新潟駅は現在の弁天公園のあたりだったそうですよ。

3代目の景観復元

昭和前期

萬代橋は、3代目の架橋75年となる平成16(2004)年に重要文化財に指定されました。そのとき、指定に先立って、街路灯と橋側灯が架橋当時と同じ姿形に再現されました。(下の写真。しかも当時と同じ、南部鋳物で鋳造)。上の写真は、その景観復元が忠実であったことを示す一枚です。上下をよく見比べてくださいね。

萬代橋をバックにパシャリ!

昭和54(1979)年

萬代橋と信濃川をバックに、右岸側から家族3人で記念撮影をした時のもの。写真左に映っている少年は、「新潟今昔写真」の共同代表である岩崎さん。これは岩崎さんご家族の思い出写真なのです。当時の岸壁は今のように舗装されておらず、柵もありません。撮影当時から37年の時を経て、再び3人揃ってパシャリ。時間の経過を感じさせる一枚です。

あなたのお家にも、懐かしい新潟の写真が眠っていませんか?

「新潟今昔写真」の連載第1回、いかがでしたか? 普段何気なく渡っている萬代橋も、こうして写真で見比べてみると興味がわいてきますよね。今の萬代橋が3代目だと知らなかった方も多いのではないでしょうか。「新潟今昔写真プロジェクト」さんでは、新潟の懐かしい風景写真を募集しています。あなたのお家に、「あれ?そういえば白黒の昔の写真があったかも!」という方は、ぜひ探してみてください。「提供してもいいよー!みんなで見て欲しい!」という方はコチラへ!

古写真募集

今昔写真プロジェクトの富山さんにお聞きしました!

「新潟今昔写真」は古写真と現代の風景を比較し時代を感じて楽しむイベント&アプリ。2016年にスタートし、様々な地域や企業とのコラボイベントが好評を博しています。今回、Najilaboでの連載開始にあたって、「新潟今昔写真プロジェクト」の共同代表である富山さんにお話を伺ってきました!

インタビューはコチラ

新潟今昔写真、アプリで楽しめます!

新潟の「今」と「昔」を、写真で見比べるアプリ「新潟今昔写真」。街なかでまさに写真のその場に立って閲覧できるよう、また写真を観光・教育などにも使えるよう開発された便利で楽しいアプリです。アプリ内に所蔵された今昔写真は、地図から探したり、年代で絞って探すことができます。ぜひダウンロードして楽しんでください。よく行く場所やあなたのお家の近所など、身近なところの今昔写真もあるかもしれませんよ!

ダウンロード

新潟今昔写真プロジェクト

HP

http://neppu.jp/niigata-konjaku/
最新情報は公式HPをチェック!

新潟の今と昔の街並みを見比べることができる「新潟今昔写真」アプリは上記よりダウンロード可能。また地域や企業とのコラボイベントも多数開催している。詳しくは公式HPをご覧下さい。