1. ホーム
  2. ペットと仲良く暮らそう!

ペット特集 #4

2018.6.14

ペットと仲良く暮らそう!

新潟のペット好きの皆さんにお届けする、Najilaboのペット連載「にゃじらぼペット」。今月は人気の犬種ランキングや、ペットと一緒にと暮らすために必要なことなどの、「これからペットと仲良く暮らしたい!」という人のためのたくさんの基礎知識を紹介していきます。

#04 犬を飼うための心構えと、気をつけたいこと

前回までは、犬と一緒に暮らすため準備すること、必要となるグッズなどをご紹介してきました。これから飼いたいなって思っている人は、もうワクワクして来たのではないでしょうか。しかし、犬を飼うとういことは決して楽しいことだけではありません。そこでいま一度、犬と一緒に暮らす心構えや注意点を確認してみたいと思います。

犬を飼うと不便なこともあります

犬と一緒の生活は、楽しいことばかりではありません。不自由なこと、不便なこともたくさん出てきます。でもそれを受け入れ、責任をもって犬を飼うことが大前提です。犬を飼いたい気持ちがある方は、次の5つのポイントをしっかりと理解しましょう。

Point.1

自由に旅行に行けなくなる

飼い主の不在時に、愛犬を預けられるペットホテルがあるので、旅行に行けないこともないですが、犬にとっては、飼い主のいない見知らぬ環境に置かれるのはとてもストレスですし、飼い主にとってはお金もかかります。どうしても旅行したい、行かなければならないというときは、安心できる家族に見てもらうか、信頼できるペットホテルに預けましょう。

Point.2

毎日の散歩が必要です

たまに散歩に行かない犬もいますが、基本的にどの犬種でも毎日散歩が必要です。自宅以外の環境に慣れさせるのはもちろん、ストレス発散の効果もあります。毎日の散歩のために、あなたは時間を作れますか?

Point.3

お金がかかります

毎日のご飯代、ペットシーツ代はもちろん、ワクチン代もかかります。場合によっては避妊去勢手術代や、健康診断代もあります。病気になったり、怪我をしてしまった時の医療費なども結構高いんです。どのくらいの費用がかかるかはコチラを参照!

Point.4

思い通りにはいかない

生き物なので当たり前のことですが、いつも飼い主の思い通りにはいきません。何回しつけをしても、なかなか覚えられないときもあります。出がけや約束事などでバタバタしているときに限って粗相をしてしまう、そんなときもあります。それでも、根気よくしっかり接してあげられるでしょうか。

Point.5

途中で「や~めた!」は不可

犬の平均寿命は10年~15年くらい。家族に迎え入れた愛犬を「飼育が大変だから」「めんどくさい」「思っていたのと違う」などの理由で育児放棄することはできません。ペットの衝動買いは危険ですから絶対にやめてください。

Najilabo0のペット特集「にゃじらぼペット」、4回にわたって犬編をお送りしてきました。皆さんが、素敵なペットライフを送れますように、これからも編集部・イガワがペット情報をどんどんお届けしていきます。次回は猫編を予定していますので、お楽しみに!