1. ホーム
  2. 駆け出し建築カメラマンの家づくり探訪記

2018.9.6

賃貸でもオシャレに暮らしたいというニーズに応えて
リノベーション賃貸を実際に見てきました!

連載4回目となる「駆け出し建築カメラマンの家づくり探訪記」。今回はこれまでと違った視点でお届けいたします。住まいづくりには興味があるけれど、まだまだ家を建てるってとこまでは…という方に、「リノベーション賃貸」という選択肢があることをお伝えしたくて、さっそく不動産屋さんに取材に行ってきました!

#04 リノベーション賃貸という暮らし方の提案

リノベーション賃貸って何ですか?

取材に訪れた先は、新潟市中央区、メディアシップの並びにある「ホームメイト正規加盟店・A&M新潟賃貸株式会社」さん。こちらは本格リノベーション賃貸物件を紹介してくれる、新潟ではめずらしい不動産屋さんです。上の写真は、不動産業界歴10年以上という代表の保坂社長。オシャレで質の高い賃貸物件を求めているお客さんや、新しい賃貸住宅のあり方を模索する物件オーナーさんたちから支持を集める敏腕社長です。

— 普通の賃貸物件とリノベーション物件の違いについて教えて下さい。
保坂社長「どちらも賃貸であることは変わらないので、特別な違いはないのですが、ウチの場合のリノベ物件は、大家さんから許可を貰って『部屋の改装は自由に行える』という物件です。大家さんの許可次第では、床、壁、天井、既存の扉などを自由にいじっても大丈夫。普通の賃貸物件は部屋の改装ができません。なので通常、賃貸物件でリノベーションを行えるのは珍しいと思いますね。うちでは、『リノベやDIYがOKだよ』って言ってくれる大家さんが比較的多いので、このようにリノベーション物件としてご紹介をしています」

なんと!大家さんが費用を負担してくれることもあるらしい。

— なるほど。でも大家さんの意向によって、リノベできる範囲は変わってくるわけですよね?
保坂社長「そうですね、賃貸物件は大きく分けて4つに別れると思ってもらえればと思います。
①どこもいじってはいけない、現状渡し物件(もっとも多い賃貸物件) ②実費にはなるが、壁、床、天井、ドアなどの建具のDIYが可能な物件。 ③大家さんと共同でつくる、リノベーション物件。 ④大家さんが改装費を負担してくれて、借り主さんと一緒に改装を行う、カスタマイズ物件。うちでは、大きく分けるとこんな感じの物件を扱っています」

— え?ちょっと待って下さい!④の「大家さんが改装費を負担、で一緒に改装できる」ってなんですか?
保坂社長「お。食いつきましたね~(笑)実は、築年数が古くなった物件は、大家さんも次の入居者さんに気持ちよく入ってもらうために古くなった部分を改装したりするんです。そこで、『いっそのこと、もっとオシャレにリノベーションしてお客さんに喜んでもらいましょう』と大家さんにリノベーション提案をしているんですね。借り主さんのタイミング次第で一緒に住まいの設計をする。それがカスタマイズ物件です」

— 借り主さんと一緒にですか?それって借りる側からしたらちょっとした自分オリジナル賃貸じゃないですか!?
保坂社長「そうです。わかりやすくイメージしてもらうために、実際に住んでいる方のお話を聞いた方がよいと思うのですがどうですか?一緒に行きませんか?」

というまさかの展開で、実際のカスタマイズ賃貸物件にお邪魔させてもらえることに。やってきたのは新潟市東区のとある物件。こちらのお部屋では、農家勤務の玉木さんと保育士の松田さんのおふたりが暮らしています。おふたりは同棲をはじめるのをきっかけに賃貸物件を探し、Instagramで「A&M新潟賃貸株式会社」さんのリノベ物件を発見。急いで問合せをしたもののすでに契約済みで断念しかけたところ、この物件を紹介してもらったのだとか。

予算の範囲内で自分の希望を伝えられる!

— リノベーション賃貸に暮らしてみて、いかがですか?
玉木さん「部屋の改装から一緒に話をさせてもらって、今年の7月に入居したばかりです。まさか賃貸でこんなことができるとは思っていませんでした。例えばデザイナーズ賃貸とかありますけど、すべてが自分好みとはならないので。やっぱり賃貸には限界があるなと感じていたところにこのお話があったので…まさか賃貸でこんな物件があるなんて知りませんでした。A&Mさんには感謝しかないです」

— 実際にはどんな行程でリノベが進んでいったんでしょうか?
松田さん「まずは、すぐに契約ではなく、予約。という感じで仮契約をしました。次に、この賃貸で改装可能な範囲を教えてもらって。この物件では、床、壁材、造作の棚なんかが可能だったので、A&Mさんと一緒に考えさせてもらいました。すごく楽しかったです」

— どんな話をしながら考えていくんですか?
玉木さん「具体的には自分の趣味の話から空間をイメージしていった感じでしたね。例えば、僕は服が好きなので、この造作棚なんかに服を置き飾りしたかったですし、靴もこんな感じのイメージで飾りたかったので話したら、それ用に作り付けてくれました。この床の素材選びや、壁のOSB素材、そのその他の造作系なんかもA&Mさんが提示してきてくれた予算の範囲内で自由に選ばせてくれました

— すごいですね。至れり尽くせりですね。本当に「別途費用」みたいなのはかからなかったんですか?
玉木さん「はい。全然かかりませんでしたよ(笑)A&Mさんがこの範囲なら大丈夫だよって言ってくれる範囲なら大丈夫でしたね。」

— 暮らし心地はどうですか? やっぱり自分の専用の部屋って感じですか?
松田さん「正直、ずっとここで暮らしたいくらいです。とても気に入っています。」
玉木さん「そうなんです。自分の趣味が反映されているってこともありますけどここまで、手づくり感がある賃貸ってまずないと思うんですよ。だから、僕の友達なんかにもこれからどんどん紹介したいな。って思っています!」

こんな自由な賃貸暮らしがあったなんて。

正直、自分も賃貸にこんな自由度があるとは取材をするまで思っていませんでした。そもそも、全て現状渡しの賃貸しかないと思っていまいしたので、DIYが可能ってだけでも、驚きでした。こんな賃貸があるなら、もっと早く言ってよ!ってのが今の気持ちです。「家づくりはまだ予定がないけれど、オシャレな暮らしがしたいよ」って人にはとてもオススメです!ちなみに、今ならA&Mさんのリノベーション賃貸物件の見学が可能です。気になる人は是非一度ご覧になっみてはいかがでしょうか。最後に、A&Mさんからお借りしたリノベ物件とカスタマイズ物件の事例写真を掲載いたします!

A&M新潟賃貸株式会社さんのHPはこちら

この連載の発信者

ミズシナケンタ

新潟市在住。アパレルやエディトリアル、企画プランナーなど様々な仕事を経て、現在は駆け出しの建築カメラマン/ライターを兼業してしていろいろなビルダーや関連企業を見学中。家づくりのデザインやアイディアにいつもワクワクする好奇心旺盛な30代。

ホームメイトFC新潟万代店
A&M新潟賃貸株式会社

HP

くわしくは公式HPをチェック!

新潟駅徒歩圏内の新築・セキュリティーマンションからリノベーション物件、カスタマイズ物件、デザイナーズ・ぺット可、借りたい・貸したいはホームメイトFC 新潟万代店A&M新潟賃貸株式会社へぜひ!

新潟県新潟市中央区万代3-5-38/025-282-7410