なじらぼ!

  1. 新潟恋愛白書
  2. 第3回 「一線を越える」について

第3回 「一線を越える」について

2017.10.2

「一線を越える」っていうけど、
その「一線」はどこからアウト?

NAJILABO RESEARCH

私たちと同じ新潟の街に住む人たちは、どんな恋愛をしているんだろう? どんな恋愛観を持っているんだろう。そんな、身近であるがゆえになかなか本音を知らない、新潟人の恋や結婚のリアルを、ナジラボ会員の皆さんへのアンケート調査によって探っていく「新潟恋愛白書」。第3回のテーマは、最近、不倫や浮気の話題でよく耳にする「一線を越える」の「一線」について、皆さんの意識を具体的に探ってみました!

3人に1人は、越えちゃってるよ、一線。

Q1回答グラフ

恋人や結婚相手など、パートナーがいるときに、別の異性と「一線を越えた」経験はありますか?という質問に、68%の男女が「ない」と回答。皆さん、意外とシッカリしていらっしゃると捉えるべきかもしれませんが、保育園のママ友が集まったとき、このなかの3人に1人は一線を越えちゃった経験あるんだ…と思うと、けっこうドキッとしませんか? ちなみにここでいう「一線を越えた」は、ほとんどがキスやセックスなどの性的なつながりをもつ行為を示しています。ちょっとした注目ポイントとしては、「1回だけ」よりも「複数回」の方が多いこと。やるひとは、やるんです。1回なんかじゃ足りなくて(笑)

一線越えるにしても、みんな基本は慎重です。

Q2好きな人との今の関係は?回答グラフ

もし恋人や結婚相手以外に、好意を寄せる相手がいる場合、あなたは好きな相手に対して積極的に「一線を越える」行為に出ることができますか? という質問に対しては、「自分からできる」と答えた積極タイプはわずか8%。「相手の出方次第」という消極派が半数以上を占め、あとは、「相手も望んでいるとわかれば自分からできる」という、慎重なタイプが38%となりました。やはり皆さん、不貞行為にはだいぶ慎重なようです。

「一線を越えられた!」と感じるポイントは、人それぞれ。

Q3好きな人とどこで知り合った?回答グラフ

恋人や結婚相手の浮気。あなたにとって、パートナーが自分以外の異性と親しくなったときに「一線を越える」場合の「一線」がどこかを聞いてみました。この結果からわかるのは、人それぞれ、「一線」のポイントはまるで違うということ。「セックスや性的なスキンシップをしたらアウト!」と考える人が20%いるのに対して、「ふたりで頻繁に連絡を取り合うだけでもアウト!」と思っている人も20%いるのですから、世の中に明確な「一線」なんて存在しない気がします。編集部的には、「まあキスかなー、やっぱキスしちゃったらアウトって感じなんじゃないかなー」と予想していたのですが、ふたりきりで会うだけで(身体的なふれあいがなくても)もう「一線越えた!」って感じちゃう人が全体の約半数ですから、皆さん、「こんくらいなら大丈夫かなー」と思うような言動でも、気をつけたほうがいいみたいです(笑)

とりあえず、基本的に浮気は許されないみたいです。

Q6新潟で恋をするのに、不便だと思うことは?回答グラフ

最後の質問は、もしもパートナーが自分以外の異性と「一線を越えた」とき、あなたならどういう行動をとりますか? というもの。棒グラフは回答の多さを表します。「冷静に問い詰める」「別れる」「怒る・キレる」と、浮気が発覚した時点で、とにかくパートナーを非難したり実際に別れを切り出すような「責める派」の人が圧倒的多数。次に多いのが、証拠固めをして弁解の余地のないところまで把握してから責めたり、仕返しをするという、すぐには責めない「仕返し派」。目をつむってやろうなんて考える「許す派」の人は、ごくごく少数でした。



今回のアンケートでわかったのは、総じて、自分が誰かと一線を越えるときよりも、相手が誰かと一線を越えたときのほうが「一線」に向けられる目は明らかに厳しいという現実。そして相手が一線を越えてしまったら、「浮気は男の甲斐性だから一度や二度は目をつむろう」とか「彼女が満足しないのは自分のせいだ」なんて考える健気で殊勝なタイプの人はすっかり絶滅し、皆さんほぼ確実に攻撃的になる、ということ。つまり、パートナーから勘違いされそうな軽率な言動は、できるだけ避けた方がよいということです。なんだか、この1〜2年の不倫報道ブームと同じ、不貞即アウト的な空気がここでも感じられました(笑)

次回もお楽しみに!アンケート参加者募集中!

「新潟恋愛白書」では、これからも新潟県民の男女にまつわる実態調査を積極的に行い、皆さんに結果をお伝えしていきたいと思います。アンケートに参加してみたい!という方は、ナジラボの会員登録でアンケート回答ができますので、ぜひ、下のボタンから会員登録(無料)をお願いいたします。(※アンケートご協力のお願いは、実施時にメールで会員の皆様にお知らせいたします ※個人情報は厳重に保管します。また、個人を特定できるような表現はいたしません。)

会員登録(無料)

  • 第1回
    結婚について
  • したい?いま、恋してますか?
    みんなの現在進行形の恋愛。

  • 第4回
    秋のブライダルシーズン
  • 結婚式ってやっぱりするべき?

\この記事をみんなに紹介しよう/