1. ホーム
  2. 新潟恋愛白書
  3. 第7回 恋のはじまりとアプローチ

第7回 恋のはじまりとアプローチ

2017.12.4

今月はクリスマスもあるし…
どんなふうに恋をはじめる?

NAJILABO RESEARCH

私たちと同じ新潟の街に住む人たちは、どんな恋愛をしているんだろう? どんな恋愛観を持っているんだろう。そんな、身近であるがゆえになかなか本音を知らない、新潟人の恋や結婚のリアルを、ナジラボ会員の皆さんへのアンケート調査によって探っていく「新潟恋愛白書」。第7回のテーマは、前回に引き続き「恋のはじまり方」。クリスマスが近づいて、恋にあせっている人も少なくないのでは?

積極的にいかない、新潟人。

Q1好きな人ができたとき、あなたならどうしますか?

まずは「好きな人ができたときどうする?」という質問。回答者のほとんどが、それとな〜くアプローチをしたり、相手に近づいてみたり。「自分から積極的にアプローチ」というグイグイいけるタイプの人はわずか6%という結果に。また、自分からは具体的なアプローチをしない派が45%。新潟の恋は、けっこう消極的でありました。

やっぱり「好き」の言葉は避けて通れない道?

Q2付き合うのに言葉での「告白」は必要ですか?

恋がはじまると、片想いから両想いへの移行がやっぱり最初の山場となってきますよね。そこで重要な役割を果たすのが「告白」。好きという気持ちを言葉にして伝えることは、やっぱり必要なことでしょうか。アンケート結果では、「必要」と答えた人が全体の4分の3以上を占めました。やっぱり「告白」ありきの男女の付き合いが標準的なようです。

カラダからはじまる恋も、約4割が「あり」回答。

Q3言葉で好意を確かめる前にカラダの関係。これってアリ?

とはいえ、告白以前に「好きになる」という気持ちが生まれる前にはじまってしまう関係もありますよね。カラダの関係からはじまる恋。前二問の結果、アプローチは消極的で、告白も必要、だったらカラダからはじまる関係はナシが圧倒的かな…と思ったら、意外とこちらは約4割が「アリ」回答。カラダの相性を確かめることも、恋のはじまりにおいては重要なチェックポイントなのかもしれませんね。

はじまりはメールや食事やお酒から。

最後に、好きな人へのアプローチ、みなさんの成功談を自由回答でお聞きしました。メールや電話でのコミュニケーションを密にしたり、食事やお酒を一緒に楽しむことで、ぐっと相手との距離を近づけた、そんなコメントが多かったようです。それでいて全体的に「好意をにおわせる」「さりげなく好意を伝える」ことで、相手の出方をうかがい、相手も乗ってきたら、いよいよ…みたいな流れが基本線かも。まあ、「成功したことがない」という回答もけっこうありましたが…。

Q4好きな人へのアプローチ。あなたの成功談を教えてください。

共通の趣味の話題から仲良くなり、半年ほどかけて恋人に関係を発展させました。やり取りの中で、チラチラと好意がありますよーという感じをにおわせておきました。

一人暮らしだと家賃が高くつくから、一緒に住まないかと付き合ってもいないのに言われた。

定期的に連絡して習慣づける。

元カレと今カレは、友人としてふたりで会っていくうちに好きになり自分から、「好きになったかも付き合って」と言って恋人関係になれた。

親切に接することかな? それくらいしか思いつきません。

成功したことがないのでわかりません。

毎日話しかけて、誰が見てもその人が好きと分かるように接した。

はじめは嫌な印象だったのに段々と仲良くなるにつれて相手のことが気になってくる。

それとなく気持ちを伝えるということはしてました。直接というよりはメールとかLINEとかで

相手の好きなことなどを聞き出し、色々教えてもらい、興味があるふうにして誘われるのを待つ。

とにかくご飯を食べに行くか、飲みに行く。その約束ができれば、ほぼ成功です。

最初はひんぱんに連絡を取る。相談に乗って、絶対に相手を否定しない。で、段々と連絡を減らしたところで、お互いの気持ちがわかり、一気に告白!

メール攻撃。

相手もこっちを気にしているな、という感じでお互いのベクトルが向き合っているのがはっきりわかったタイミングでfacebookの友達申請。で、メル友みたいになって、仲良くなって、飲みに行くようになって、という流れをつくる。

飲み会に参加して距離を縮める。

趣味を通して仲良くなりました。焦らないことだと思います。趣味を通じた仲間とみんなで仲良くなるといいと思います。

飲みに行って、たくさん話をする。酔った勢いで会話の中でちょこちょこ好意を持ってる発言を入れていく。

物を借りて、そのお礼に食事。

笑顔でさりげなくボディタッチ。

次回もお楽しみに!アンケート参加者募集中!

「新潟恋愛白書」では、これからも新潟県民の男女にまつわる実態調査を積極的に行い、皆さんに結果をお伝えしていきたいと思います。アンケートに参加してみたい!という方は、ナジラボの会員登録でアンケート回答ができますので、ぜひ、下のボタンから会員登録(無料)をお願いいたします。(※アンケートご協力のお願いは、実施時にメールで会員の皆様にお知らせいたします ※個人情報は厳重に保管します。また、個人を特定できるような表現はいたしません。)

会員登録(無料)

\この記事をみんなに紹介しよう/