1. ホーム
  2. 新潟恋愛白書
  3. 第13回 モテについて-1

第13回 モテについて-1

あなたはモテる?それともモテない?
新潟県民の「モテ」に関する意識調査。

2018.05.07 | 新潟恋愛白書#13

私たちと同じ新潟の街に住む人たちは、どんな恋愛をしているんだろう? どんな恋愛観を持っているんだろう。そんな、身近であるがゆえになかなか本音を知らない、新潟人の恋や結婚のリアルを、ナジラボ会員の皆さんへのアンケート調査によって探っていく「新潟恋愛白書」。今回のテーマは「モテ」について。ユーザーの皆さんにいろいろ聞いてみました。皆さん、ぶっちゃけ、モテますか?

Q.1あなたは自分がモテる方だと思いますか?

  • かなりモテる 2%
     
  • 少しはモテる 32%
     
  • あまりモテない 29%
     
  • 全然モテない 28%
     
  • わからない 9%
     

つつましく控えめな自己評価。さすが?新潟県民!

まずは自己分析から(笑)。自分自身がモテるかどうかという、とっても重要な(でも正視したくないかもしれない)問題についてです。その結果ですが、ナジラボユーザーの皆さん、なんと慎ましい!ご自身を「かなりモテる」と分析するのはわずか全体の2%。あとはそれ以外の「少しはモテる」「あまりモテない」「全然モテない」がほぼ三等分。モテる/モテないで分けると、モテる派34%でモテない派は57%と、平均的に自己評価の低い結果となりました。

Q.2あなたはこれまで、「モテ期」を感じたことはありますか?

  • ある 67%
     
  • ない 33%
     

でも、モテた経験は3分の2の皆さんがお持ちです。

自己評価の低い新潟県民。でも、じゃあこれまで全然モテなかったのかといえば、そうでもない。むふふ。実に全体の3分の2の皆さんがこれまでの人生で「モテ期」を感じたことがあると回答しました。自分がそれなりにモテると考える人が34%なのに対して、モテ期の到来を実感したことがある人は67%。つまり、「モテ期」というのは本当に存在するのです!

Q.3これまでに、モテるための努力が逆効果だった思い出を教えて!

「異性にモテたい」その気持ちは誰もが一度くらいは抱くもの。ところで皆さん、これまでにモテるために努力をしたけれどそれが逆効果だったり、空回りしてしまった哀しい思い出・経験はありますか? 自由回答でお聞きしました。

次回は「モテる」ために意識すること、モテ人の特徴について!

次回の新潟恋愛白書も今回のつづきで「モテ」がテーマ。「実際にモテる人の特徴は?」「モテるために意識するべきことは?」など、より具体的な「モテ」を浮き彫りにします!お楽しみに!

次回もお楽しみに!アンケート参加者募集中!

「新潟恋愛白書」では、これからも新潟県民の男女にまつわる実態調査を積極的に行い、皆さんに結果をお伝えしていきたいと思います。アンケートに参加してみたい!という方は、ナジラボの会員登録でアンケート回答ができますので、ぜひ、下のボタンから会員登録(無料)をお願いいたします。(※アンケートご協力のお願いは、実施時にメールで会員の皆様にお知らせいたします ※個人情報は厳重に保管します。また、個人を特定できるような表現はいたしません。)

会員登録(無料)

\この記事をみんなに紹介しよう/