1. ホーム
  2. 新潟恋愛白書
  3. 第18回 自然消滅について

第18回 自然消滅について

気持ちが冷めたらフェードアウトするのはけっこう普通!?
新潟県民の「恋の自然消滅」を調べてみました。

2018.8.21|新潟恋愛白書#18

私たちと同じ新潟の街に住む人たちは、どんな恋愛をしているんだろう? どんな恋愛観を持っているんだろう。そんな、身近であるがゆえになかなか本音を知らない、新潟人の恋や結婚のリアルを、ナジラボ会員の皆さんへのアンケート調査によって探っていく「新潟恋愛白書」。今回のテーマは「自然消滅」。盛り上がった夏の恋もだんだんと冷めてくるこの季節にぴったりのテーマで、お送りします。

Q.1

あなたは恋愛における
「自然消滅」を経験したことがありますか?

  • ある 54%
     
  • ない 46%
     

ほぼ半数が「自然消滅」を経験!

恋愛の自然消滅の経験は、ほぼ半数が「経験ある」と回答。思うようにいかない恋、言葉できちんと区切りをつけるのではなく、なんとなく終わらせていくというのは、よくある話のようですね。

Q.2恋愛の自然消滅。その理由を教えてください。

  • 気持ちが冷めたり
    めんどくさくなって
     
  • 会う機会がなくなって
     
  • 遠距離になって
     
  • 連絡する気が
    なくなって
     
  • 仕事や勉強などが
    忙しくて
     
  • 相手が浮気などの
    裏切りをして
     
  • 新しい相手を見つけて
     
  • 相手に付き合っている
    つもりがなかった
     
  • ほんの遊びだった
     
  • その他
     

恋は気持ちがなければそれで終わり。

自然消滅の最大の理由は、やっぱり気持ちが冷めてしまうこと。好きかもと思って付き合ってみたけれど、やっぱり何か違うと感じはじめる。そうすると自分からは連絡しなくなる。相手もそれを察して…そんな自然消滅が多そうです。また、物理的に会う機会がなくなったり少なくなるというのもよくあるパターンのようですね。

Q.3恋の終わりに、自分からフェードアウトした経験はありますか?

  • ある 53%
     
  • ない 47%
     

フェードアウトは恋の終わらせ方の常套手段?

相手と別れたいと思ったとき、自分からフェードアウトした経験があるか、という質問に、半分以上が「経験あり」と回答。お互いの好意が希薄になったら必要以上に会わないとか、連絡しないとか、そういうのって案外、普通のことなんですね。

Q.4

あなたがこれまで経験した「恋の自然消滅」、印象的なエピソードがあれば教えてください。

相手が医大生で卒業に向けて忙しくなるので、少し時間がほしいと言われて、結局そのまま終わってしまった。自分も何となく気づいてたので、連絡などもしませんでした。

向こうが自然消滅を狙っている(もう私に気がなさそう)っぽいとき、私はまだ好きだったが、もう悲しくて自分からも無理に連絡を取らなかった。私の誕生日があったが当日はスルーされ、「終わったな」と私の中で区切りがついた。でもなぜか翌日に「おめでとう」メールが届いた。意味不明。もちろん無視。

原因不明で、元彼にまで相談してしまい、そちらが勘違いしてややこしくなりかなり大変だった。あの相談は今でも後悔している。

二人で旅行に行ったあと、何となく相手のことが急に嫌いになり、冷たい態度になってしまい、相手もそれに気づきテンションが下がりきっていて帰りはじゃあねって普通に別れてその後お互い自然消滅した。

東京で専門学校へ通っているとき大学生の人と付き合ったが、初めてのデートの時、彼はジーンズにミッキーマウスの絵が書かれていたのをはいていた。私は当時、ガンガンのロックファンで、ファッションの違いもあったのか?自然と連絡をとらなくなった。

相手に妻子がいることが分かって、ショックでこちらから連絡を断った。

自然消滅した数年後、連絡がくることが多い。

学校で会っているのに、今までと相手の態度が違い不安になった。なぜか?聞いてもはっきりせず、友達が心配して間に入ってくれた。学校の先生に「女と付き合ってる場合じゃない。もっとやることがあるだろう」と言われたようでした。陸上のエースで全国大会にも行っていた彼氏だったからそれもしょうがなかったが、なんで?とおもいました。

自然と別れることになった彼からメールが。「ちゃんと話をしよう」と。何かと思ったら、「今までお前にプレゼントしたものや金を返せ」と言い放たれた。彼は浮気していたのにもかかわらず、反省の色なし。こんな人と結婚しなくて、別れて正解だったと改めて思った瞬間だった。

彼女のいる人と恋仲になってしまったが、こちらは奪うつもりはなく相手も本心は彼女を大切にしていて、どちらともなく距離を取って自然消滅した。物理的に距離があったので割とすんなり行った。思い出にする途中の新年に手書きではないけれど年賀状が届きそれっきりでした。

飲み会で知り合った相手と夏で開放的になった勢いで、付き合ってもない男性と一夜だけ。体の関係を持つと好きになるが、その一回だけで終わりだった。

彼の転勤で遠距離恋愛になり、結局別れました。こちらから別れ話をしたら結婚しようと思っていたと突然のプロポーズ。その時点で冷めてしまっていた私としては、どうして転勤前に言ってくれなかったのかとケンカになり最悪の別れになりました。

新潟恋愛白書、次回もお楽しみに!
新潟人の恋の「自然消滅」、いかがでしたでしょうか。別れの言葉を交わさないままに離ればなれになる恋、つらかったり、逆に気楽だったり、いろいろですよね。 次回の新潟恋愛白書は9月後半に公開!お楽しみに!

次回もお楽しみに!アンケート参加者募集中!

「新潟恋愛白書」では、これからも新潟県民の男女にまつわる実態調査を積極的に行い、皆さんに結果をお伝えしていきたいと思います。アンケートに参加してみたい!という方は、ナジラボの会員登録でアンケート回答ができますので、ぜひ、下のボタンから会員登録(無料)をお願いいたします。(※アンケートご協力のお願いは、実施時にメールで会員の皆様にお知らせいたします ※個人情報は厳重に保管します。また、個人を特定できるような表現はいたしません。)

会員登録(無料)

\この記事をみんなに紹介しよう/