1. ホーム
  2. 新潟恋愛白書
  3. 第23回 結婚についてのあれこれ

第23回 結婚についてのあれこれ

8割以上が「結婚してよかった」!?
今回は結婚生活の満足度について聞いてみました!

2019.1.31|新潟恋愛白書#23

私たちと同じ新潟の街に住む人たちは、どんな恋愛をしているんだろう? どんな恋愛観を持っているんだろう。そんな、身近であるがゆえになかなか本音を知らない、新潟人の恋や結婚のリアルを、ナジラボ会員の皆さんへのアンケート調査によって探っていく「新潟恋愛白書」。今回のテーマは「新潟人の結婚観」。結婚してよかった?不満は何?離婚したいと思ったことある? などなど、いろんなことを聞いてみました。

Q.1

結婚している方にお聞きします。あなたは結婚してよかったと思いますか?

  • よかった 50%
     
  • そこそこよかった 31%
     
  • 少し後悔している 12%
     
  • 後悔している 7%
     

ほとんどの人が、それなりに結婚には満足している!

まず最初の質問は、既婚者に聞いた結婚の満足度。ズバリ「結婚してよかったですか?」その回答は「よかった」が50%、「そこそこよかった」も合わせると、結婚に満足している人の割合は81%!これはかなり高い数字と考えていいのではないでしょうか。なんだかんだ言って、みんな結婚そのものはしてよかったと思ってるんですね。

Q.2結婚してよいことは何だと思いますか?

  • 子どもができること
     
  • 生涯のパートナーと出会えること
     
  • 家族が増えること
     
  • さびしくないこと
     
  • 家に帰ると誰かがいること
     
  • 両親を安心させられること
     
  • 結婚についての焦りがなくなること
     
  • 経済的に自立できること
     
  • 仕事のやり甲斐が増えること
     
  • けじめがつく
     

かけがえのないものが生まれる。それこそが満足の理由。

続いての質問は、「結婚してよかったこと(またはよいこと)」。既婚者だけでなく、未婚の方の回答も含まれています。結果、「子どもができること」が最上位。続いて「パートナーとの出会い」「家族が増えること」など続きます。生涯の伴侶との出会いを喜ぶ人もいれば、それには不満だったとしても「子どもと出会えてよかった」そのように結婚を捉える人もいるようですね。仕事面のポジティブ回答は少なく、人との出会いや自分のメンタルに関する満足感が上位を占めました。

Q.3結婚による不満といえば何だと思いますか?

  • 価値観の相違
     
  • ひとりの時間が減ること
     
  • 相手の両親との関係
     
  • 親戚付き合い
     
  • パートナーとの性格の不一致
     
  • 家事労働
     
  • 自由に使えるお金が減ること
     
  • 仕事の選択肢が限られること
     
  • 異性と自由に遊べなくなること
     
  • 仕事の責任感が増すこと
     
  • 不満はない
     

「価値観の違い」が最上位。家族付き合いもやや問題あり。

反対に「結婚して不満に思っていること(または不満を持ちそうなこと)」を質問してみると、最上位が「価値観の違い」僅差で「ひとりの時間が減ること」という回答になりました。生活をともにすることは、簡単そうにみえて簡単ではありません。細々とした生活の場面場面に噴出する価値観の違いの軋轢。共同生活によってひとりの時間がなくなりストレスをためることもあるみたい。そして「相手の両親との関係」「親戚付き合い」がその次のグループ。人間関係、難しいですよね。

Q.4

結婚している方にお聞きします。「離婚したい!」と本気で思ったことはありますか?

  • しょっちゅうある 11%
     
  • たまにある 17%
     
  • 何回かあった 33%
     
  • ない 39%
     

新潟って、意外と円満な夫婦が多い!?

長年一緒に暮らしていれば喧嘩もするでしょうし、気持ちが一時的に離れることもあるでしょう。というわけで、「離婚したい!」と思ったことありますか?という質問を投げかけてみたところ、「ない」と答えた人が全体の約4割。「何回かあった」が約3割強で、全体の7割以上がそれなりに相手に満足している円満な夫婦ということが分かりました。Q1の質問でも、結婚に満足しているのが約8割と、新潟の皆さん、なかなかいいですね、幸せですね。

Q.5

はじめてから、驚いたことや感動したこと、腹が立ったことなど、印象的なエピソードがあったら教えてください。

誕生日やクリスマスのとき、主人のサプライズがものすごく下手くそで可愛かったです。

子供の面倒を一時間みたくらいで「やった感」を出す!ムカつく!

レスになった。

結婚したら全部家事をやってもらえると思われてたことにびっくりしたし腹が立った。

帰りが深夜になる旦那を待って一緒に夕飯を食べる生活をしていたら『ありがとう』と言われた。『なんで?』って聞いたら『いつも温かいごはん用意してくれるから』って言われた(*^^*) レンチンじゃできない温かさ(^^)"

相手中心で、生活する。相手の顔色を伺いながら生活する。子供出来たら、不満が増した。子供のことしか会話することがない。他人が一緒に生活するのは大変。

納豆に砂糖を入れて食べるとこ。

旦那の浮気!!いつか仕返ししてやる!

結婚して31年ですが、主人と歳が離れているせいか、ちょとしたケンカはありましたが、とても真面目で家族思いの主人です。嫌な所もありますが、私も主人にとって嫌な部分もあると思うのでお互い様です。結婚してから色々ありましたが、子供達も社会人になり、今は、私は主婦ですが主人の年金と、パートで贅沢ではないですが私が働かなくても自由にさせてもらってますので、とてもありがたく幸せです。

普段使っていた方言が相手に伝わらなかった事。(夫は村上出身、私はは新潟市出身)同じ新潟出身でも場所によりけりなんだなと思いました。

授かり婚で、子供が生まれてから夫が自ら進んでおむつ替えや寝かしつけをしてくれて、私が思っていた以上に【子供好き】で驚きました!!子供の相手をするのは夫の方が得意です(笑)

同居してやっぱり嫁は他人なのだと実感。どんなに旦那が悪いとわかっていても最終的には嫁が悪いことになっている。

飲み会に行って、帰りの時間が遅いと、とやかく言われる。夜遅くに風呂に入ると、うるさいと言われる。トイレの回数が多いと言われる。水道代、電気代が上がったと文句を言われる。休みの日も姑より早く起きろと言われる。なので、離婚しました。我慢して生活したくありません。何もかも、私の方が悪いようです。

結婚生活約30年で離婚しました。価値観の違いは始めからあり、一生この人とは無理かもと思っていました。

暴言がひどくて会話はなくなり子育ても変なことばかり言うので相談もしなくなりました。子どもたちが自立するまで我慢しました。結婚で子どもが出来たことが一番幸せで子どもたちを大学院まで行かせられたし、我慢した甲斐がありました。円満離婚して今は幸せです。

想像していた結婚生活よりも安心して平穏に過ごせていることが意外。

義理母がおせっかい。

ありきたりですが、支え合える相手がいること、毎日ふとした時に幸せだなと感動します。

義母が料理をしない人で、食費が高い。しょっちゅう友人と温泉やバスツアーやランチへ出掛ける。エコバッグは使わないで、スーパーで袋を買う。燃えるごみ袋は買ったものだと割りきり、プラゴミや雑誌も混ぜる。貯蓄をする気がなく、死ぬまでに財産を使いきろうとしていてびっくりした。帰省すると、旦那にこっそりおこづかいをせびる。私は貯めたくて必死なのに。とにかく義父母と金銭感覚が違う。

絶対うまくいくと思ってた同居が全くうまくいかなかった!現実あまくない。

ケーキなど買って来てくれるのは嬉しいが、自分と子供達の分だけで、私のはないってどういう事ですか?まぁいいけど、毎回私の分がないって気分がわるいです。

主人の叔母さんから主人の元妻のことをべた褒めされた。あまりに腹がたって離婚も考えた。その叔父伯母夫婦には二度と会いたくないし葬式にも行かないと宣言した。

妻が子供に関して一切口出しさせない。

子供が産まれて、こんなにも愛おしくて大切な存在があるのかと驚いた。

言わないと家事をしてくれないトコに腹が立ち、昨年イライラが溜まって爆発しました。私もあれこれ言わずギリギリまで溜めてしまうのも悪いですが。やはり何でも言い合える仲は大切だと感じました。

結婚式の前日に大喧嘩をして、結婚式をむかえました。結婚式当日は朝からムカムカしてました。

旦那が物を捨てられない性格。商品が入っていた箱すら捨てないので、不要物が貯まって腹が立つ。こっちから処分していいか聞かないと処分しない。しかも、「捨てていい?」と聞くと、「捨ててもいいよ」と嫌そうに返答。「ごめん」とか一言ないわけ?と思う。

配偶者が短気でイライラしっぱなしだから、その都度こちらもイライラする。

旦那が無職中にパチンコで散財したこと。本気で離婚考えました。いや、その時にしておけばよかった。

納豆は半分ずつシェアして食べるのが当たり前と言われてビックリした。

腹が立ったことなど、ありまくりで書ききれません。結婚して、自分がこんなに何かに腹を立てる人間なのだとはじめて気づきました。(怒!)

旦那が幼稚だということが子供ができてからだんだんわかってきた!髭が生えた子供も一緒に育てなきゃいけなくなりました。

嫁がジャイアンになった。

結婚前は住む家を用意してあり、お金の心配はないはずだったけれど、新婚旅行にいったら実は旅行の費用もなく、私の貯金をあてにされていた。その後ことあるごとに金をだすように言われ、断ったら暴力をふるわれた。

子供が産まれたときの感動ったらない!

お風呂に陰毛がけっこう浮いていたこと(笑)

相手の両親が自分の両親とあまりに考え方が違うことに驚きました。誰しも自分が普通だと思っていますからねー。

夫婦喧嘩の内容が、ほぼ、子供のことか、どちらかの親のこと。

料理の味付けの好みが違う。

明治生まれの義母の前向きな考え方に感謝。同居の生活ながら、食事は別にしようと言う意見を持ち、二世帯暮らしのハシリだったかも。

新潟恋愛白書、次回もお楽しみに!
新潟人の結婚観、いかがでしたでしょうか。思ったよりみんな幸せなんじゃん!っていうのが編集部の(個人的な)感想です(でも自由回答は不平不満であふれかえったけどね!笑)。そのままぜひ、熟年離婚などせずに幸せに年をとれたらいいですよね!次回の新潟恋愛白書もお楽しみに!

次回もお楽しみに!アンケート参加者募集中!

「新潟恋愛白書」では、これからも新潟県民の男女にまつわる実態調査を積極的に行い、皆さんに結果をお伝えしていきたいと思います。アンケートに参加してみたい!という方は、ナジラボの会員登録でアンケート回答ができますので、ぜひ、下のボタンから会員登録(無料)をお願いいたします。(※アンケートご協力のお願いは、実施時にメールで会員の皆様にお知らせいたします ※個人情報は厳重に保管します。また、個人を特定できるような表現はいたしません。)

会員登録(無料)

\この記事をみんなに紹介しよう/