なじらぼ!

  1. ホーム
  2. 旬の寿司

旬の寿司タイトル

メバル

2017.12.5

見た目のわりに淡白な白身魚

南蛮エビ寿司

口と眼が大きく、「メバル」という和名も大きく張り出した眼に由来します。メバルは見た目のわりに、脂肪が少なく淡白な白身魚です。11月から4月にかけて旬を迎えます。鱗や骨は軟らかくて取りやすく、皮はしっかりしています。透明感のある白身で、熱を通しても硬くなりません。メバルを選ぶときは目に濁りが無く黒く澄んでいるもの、色が鮮やかではっきりとしているものを選びます。鮮度が落ちると色がぼけてきます。

最近になって3種類に分けられた

サバ魚

鮴(メバル|Japanese rockfish)

【魚種目】スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
【種類】クロメバル・シロメバル・アカメバル
【生息場所】海岸近くの海藻が多い岩礁域に群れをなして棲息する。
【特徴】岩礁付近を群れて泳ぎ回りますが、垂直に切り立った岩場に沿ってホバーリングするように立ち泳ぎすることもあります。肉食で、貝類、多毛類、小型の甲殻類、小魚などを捕食します。従来は1種と考えられていたものが近年になって、クロメバル、シロメバル、アカメバルの3種に分類されました。
【主な漁法】船、磯、防波堤での釣りや籠漁などで漁獲されます。
【その他】煮付けにしてもおいしい。鮮度のいいものを煮つけると皮がパツパツにはじけ、このはじけた身がプリプリとして甘い。塩焼きや干物も美味しく、小型のものは唐揚げにもできます。鮮度のいいものは刺身にでき、活魚の刺身は最上級の味わいです。

協力してくれたお店はこちら

寿司割烹 かね清 新潟空港店

新潟市東区店舗情報

新潟県新潟市東区松浜町3710
025-270-0051|10:30-19:00

新潟の玄関口にあり、県外はもちろん国外のお客様もお迎えし、新潟自慢の日本海の幸をご提供している「寿司割烹 かね清 新潟空港店」さん。旬のネタだけではなく、どのネタにも自信があります。心を込めて握ったお寿司は絶品ですよ!

EDITOR
KAZUAKI YAMAZAKI

山崎一彰

正直言って寿司ネタ…というより、魚にあまり詳しくなかったんですが、この特集を担当するようになって、少しずつ詳しくなっていってます。「新潟のさかなクン」と呼ばれる日も近いのではないでしょうか?(ナイナイ)