なじらぼ!

  1. 新潟にも、いい滝がある。 行き方ガイド付 滝を見にゆく。

新潟にも、いい滝がある。行き方ガイド付 滝を見にゆく。

夏の涼しい外出、”滝見”のススメ。

「夏は暑くて外出が億劫」「アウトドアは嫌いじゃないけど暑いのがとにかく苦手」そんな方々におすすめしたい、ちょっと変わった新潟 アウトドア オススメスポット「滝」。誰もが知っているような有名滝はないけれど、新潟の滝、実はいい滝がいっぱいあるんです。 新潟のおすすめ滝を一挙にご紹介!さあ、滝を見に行こう。

善根の不動滝

1

善根の不動滝 <柏崎市>
ぜごんのふどうだき

散歩感覚で見に行ける
不動明王たちのたたずむ滝

公園並みに整備された遊歩道を進み、時間もかからず滝に到着する。その間、様々な生物に出会える。水量はそこそこだが、かなりの高さから落ちてくるので迫力がある。不動明王像があちこちにあり、信仰の深さが感じられる。

善根の不動滝行き方01

行き方

1. 柏崎市を通るR252〈与坂〉交差点から鯖石小学校の前を東進する。集落の中を通り行き止まりに駐車場がある。駐車場から約5分。

Google マップ

善根の不動滝行き方02
2. 滝までは整備された遊歩道が続く。
善根の不動滝行き方03
3. 小さな公園のようなスペースにあった不動明王像。
善根の不動滝行き方04
4. 滝の畔にある不動明王像は、江戸相撲の八代目柏戸関寄進のもの。
善根の不動滝行き方05
5. 川の対岸には、水神か?絡み合う蛇の石像もまつられていた。
角神不動滝のパラメータ
  • 善根の不動滝<柏崎市>
  • 所在地:新潟県柏崎市善根
  • 山塊:八石山
  • 水系:久之木川/鯖石川
  • 分類:段瀑
  • 落差:72m
  • 駐車場:あり  トイレ:あり
大沢不動滝

2

大沢不動滝 <柏崎市>
おおさわふどうだき

自然豊かな遊歩道を歩き
深い緑の奥の滝に出会う

今回行った中では一番の難易度を誇る。季節にもよるのだろうが、遊歩道の藪が深くて、とても歩きにくかった。目の前にはカエルやらバッタやら跳ねまくっている中を、膝くらいの草をこぎながら進むため、ゴム長の方が安心かもしれない。また、虫が苦手な人は夏を避けた方がいい。

大沢不動滝行き方01

行き方

1. 柏崎市街より市野新田を目指し、R353の「綾子舞発祥の地」の看板を右折する。道なりに真っ直ぐ進むと市野新田集会所に案内看板がある。看板の地図通りに進むと、かなり細い上り坂があり、突き当りに駐車場がある。駐車場から滝までは約5分。

Google マップ

大沢不動滝行き方02
2. 駐車場から遊歩道を歩くものの、生い茂る藪で遊歩道がわかりにくい。
大沢不動滝行き方03
3. 途中2ヶ所ほど、木の小さな橋を渡る。
大沢不動滝行き方04
4. 時期によっては藪が深く、かなり歩きづらい。とりあえず虫除けスプレーはかけた方がいい。
大沢不動滝行き方05
5. 滝の手前にはテーブルとベンチがあり、休憩スペースのようになっている。
大尾不動滝のパラメータ
  • 大沢不動滝<柏崎市>
  • 所在地:新潟県柏崎市市野新田
  • 水系:鵜川
  • 分類:段瀑
  • 落差:30m
  • 駐車場:あり  トイレ:なし
板山不動滝

3

板山不動滝 <上越市>
いたやまふどうだき

石仏に見守られながら流れ落ちる
神秘的な雰囲気漂う滝

ひっそりした谷間の洞窟に、二百体以上の石仏が並ぶ〈板山不動尊〉。そんな幽玄な雰囲気の中を、静かに流れ落ちる不動滝。そのせいか神秘的な雰囲気を感じさせ、神々しくさえ見えてくる。滝の姿もさることながら、その雰囲気にもひんやり涼しくなりそう。

板山不動滝行き方01

行き方

1.旧高柳町のR353小岩トンネルを過ぎ、県道78号線との交差点を大島村方面に向かう。やがて板山集落に出て、T字に出る手前の右側に駐車場がある。駐車場から滝までは約5分。

Google マップ

板山不動滝行き方02
2. 駐車場の奥に〈板山不動尊の水〉が湧き出ている。
板山不動滝行き方03
3. 駐車場から川へ降り橋を渡ると、川に沿って遊歩道が続いている。
板山不動滝行き方04
4. 滝の奥の〈板山不動尊〉には半月型の洞窟が口を開けている。
板山不動滝行き方05
5. 洞窟の奥にはには石仏がずらっと並べられている。
板山不動滝のパラメータ
  • 板山不動滝<上越市>
  • 所在地:新潟県上越市大島区板山
  • 水系:大通川/信濃川
  • 分類:直瀑
  • 落差:約7m
  • 駐車場:あり  トイレ:あり
苗名滝

4

苗名滝 <妙高市>
なえなたき

地響きと水煙を立てて流れ落ちる
圧倒的水量の別名“地震滝”

〈日本の滝百選〉に選ばれた名滝。まるで地震のような轟音を立てて落ちることから“地震滝”とも呼ばれる。その落差や水量は県内の滝でも圧倒的で、滝壺からは、もうもうと水煙が立ち上る。雪融け頃の5月あたりはもっとも水量が多い。その豪快さは見ていて気持ちいいほど。

苗名滝行き方01

行き方

1.上信越自動車道〈妙高高原IC〉付近から県道39号線で西に進み、4.5km付近で林道に折れ、終点に駐車場がある。駐車場から約10分。

Google マップ

苗名滝行き方02
2. 遊歩道入口で、山登り用のストックが貸し出されている。
苗名滝行き方03
3. 登り口にある砂防ダムもかなりの迫力。
苗名滝行き方04
4. 吊橋の上から真正面に滝を見ることができる。
苗名滝行き方05
5. 滝のそばには東屋があって休憩しながら滝が見られる。
苗名滝行き方06
6. 麓には流しそうめんを味わえるお店もある。(4月下旬〜11月上旬の営業)
鈴ヶ滝のパラメータ
  • 苗名滝<妙高市>
  • 所在地:新潟県妙高市妙高高原
  • 山塊:火打山
  • 水系:関川
  • 分類:直瀑
  • 落差:55m
  • 駐車場:あり  トイレ:あり