なじらぼ!

  1. 最新映画館情報
2016年9月10日公開「四月は君の嘘」

2017年2月18日(土)全国ロードショー

【作品紹介】
これはゲーム、そう思っていた―――

全世界シリーズ累計1,900万部発行の大人気小説を
原作者 川原礫書き下ろし完全新作ストーリーで映画化

TVアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズは、第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原 礫氏による小説が原作となる、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた作品である。
2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、日本国内での累計発行部数は1,250万部を突破(全世界1,900万部)。そして2度のTVアニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ制作などを行っており、幅広くメディアミックス展開されている。そして2017年春、川原 礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の公開が決定。世界中のファンがその日を待ち望んでいる。

【《オーディナル・スケール》プロローグ】
2022年、天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。 その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。 ≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。 ≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。 そのキラーコンテンツは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。 アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

【クレジット】
STAFF
原作:川原 礫/キャラクターデザイン原案:abec/監督:伊藤智彦/キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾/音楽:梶浦由記/制作:A-1 Pictures/配給:アニプレックス/製作:SAO MOVIE Project

CAST
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞/アスナ(結城明日奈):戸松遥/ユイ:伊藤かな恵/リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈/シリカ(綾野珪子):日高里菜/リズベット(篠崎里香):高垣彩陽/シノン(朝田詩乃):沢城みゆき/クライン(壷井遼太郎):平田広明/エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴/茅場晶彦:山寺宏一

【公式ホームページ】
sao-movie.net


(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

【公式サイト】
sao-movie.net


>T・ジョイ新潟万代の上映時間

>T・ジョイ新潟万代オフィシャルページ

 

2017年2月18日(土)公開

【イントロダクション】
誠凛高校バスケ部に入部した黒子テツヤと火神大我。抜群のセンスを持つ火神に対し、 黒子は誰もが驚くほど影が薄い存在だった。 だが、黒子は強豪・帝光中学 で「キセキの世代」と呼ばれた5人の天才と共に戦う“幻の6人目(シックスマン)”として活躍していた。 “影”と“光”の名コンビとなった二人が主戦力と なり、誠凛バスケ部はウインターカップ出場を果たす。 そして「キセキの世代」との激戦の末、ついに全国制覇を成し遂げた。 黒子たちは2年生となり、夏が終わるころ、アメリカから注目のストリートバスケットボールチーム「Jabberwock(ジャバウォック)」が来日した。 しかし親善試合で彼らが見せたのは、圧倒的な実力で日本チームをねじ伏せ、日本のバスケを嘲笑う姿だった。 その態度に激怒したリコの父・景虎は黒子と火 神、そして「キセキの世代」を集め、Jabberwockにリベンジマッチを宣言する! 今回限りの最強ドリームチーム「VORPAL SWORDS(ヴォーパル・ソーズ)」、ここに集結!!

【キャスト】
監督:多田俊介
原作:藤巻忠俊
脚本:高木登
キャラクターデザイン:菊地洋子
総作画監督:後藤隆幸

小野賢章:黒子テツヤ
小野友樹:火神大我
神谷浩史:赤司征十郎
諏訪部順一:青峰大輝
小野大輔:緑間真太郎
木村良平:黄瀬涼太
鈴村健一:紫原敦
緑川光:ナッシュ・ゴールド・Jr.
稲田徹:ジェイソン・シルバー

【公式サイト】
http://kurobas-lg.com/

(C)藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会


>T・ジョイ長岡の上映時間

>T・ジョイ長岡オフィシャルページ