なじらぼ!

  1. 新潟の映画情報

新潟の映画情報

新潟県内の映画館情報、
最新のおすすめ映画を紹介します。

CINEMA  2017.10.20

最新映画情報、今月も届きました。

洋画に邦画が主流だった昔。今では、アニメ映画が増えてきたり、アーティストのライブを映画館で観れたりなんて、映画のジャンルが増えてきましたね。こちらのコーナーでは、毎月映画館から届く、最新のおすすめ映画情報をお届けします。

Recomended by Tジョイ新潟万代

2017.11.11公開

オトトキ

活動休止から15年。
再び集まった4人の男が、汗まみれで戯れている。
これは“ロックンロールドキュメンタリー” なのか?
「4Pしようぜ。」

1992年のデビュー以来、数々のヒット曲を生み出し、シングル・アルバムセールス合わせて1,000万枚以上のセールスを記録、2001年に活動を休止した日本を代表するロックバンド、THE YELLOW MONKEY。
その彼らの活動休止から15年。2016年に再集結し、全国42公演、36万人動員のツアーで見事な復活を遂げる。

この復活劇の1年間を追いかけたのは、映画監督松永大司。時には、超至近距離でカメラを回し、時には、”証言”を求めて海外にも渡る。そして、ついに彼らに”ある場所”でのLIVEを仕掛ける。まるで、この1年間だけでなく、この先のTHE YELLOW MONKEYの行先をも見い出そうとしているのかのように。

ロックバンドを続けるとはどういうことなのか?

彼らの迫力あるサウンドと、貴重な過去映像、関係者のインタビューとともにTHE YELLOW MONKEYを感じる映画『オトトキ』全国公開決定
【公式ホームページ】
https://theyellowmonkey-movie.jp/

Recommended by Tジョイ長岡

2017.11.17公開

GODZILLA 怪獣惑星

【イントロダクション】
 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。 2016年には『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)が公開。徹底的なリアリティを追求した描写は観客の心をつかみ、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなった。 そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。
 本作が描くのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。
 監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。 CG領域の第一線で培われたその手腕は監督、総監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。 ストーリー原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。 突破力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。 そして制作は『シドニアの騎士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。
 誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

【ストーリー】
 二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在“ゴジラ”。 半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。 そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。 しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。
 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。 移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。 だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。
 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)  シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき キャラクターデザイン原案/コザキユースケ  音楽/服部隆之 副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli  CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納  音響監督/本山 哲 主題歌/「WHITE OUT」 XAI (TOHO animation RECORDS) 


【キャスト】
宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘

【公式ホームページ】
http://godzilla-anime.com/

新潟・市民映画館 シネ・ウインド

新潟市中央区店舗情報

新潟市中央区八千代2-1-1
025-243-5530

新潟では、ここでしか観られない映画をいつも上映しています。上映作品選びや会報作成、ライブラリー整理などの運営を一般市民からなる会員ボランティアが行っている市民参加型劇場。

イオンシネマ新潟西

新潟市西区店舗情報

新潟市西区小新南2-1-10
025-230-8787 | 09:00~24:00

イオン新潟西3階にある映画館です。上記サービスデイの他、夫婦50割引、シニア割引も実施しています。多数の皆様のご来場お待ちいたしております。

イオンシネマ新潟南

新潟市江南区店舗情報

新潟市江南区下早通柳田1-1-1
イオン新潟南ショッピングセンター3F
025-382-0087 | 09:00~24:00

イオン新潟南3Fにある映画館です。9つのスクリーンを持っている新潟南で映画を観れば感動する事間違いなしです。お得なサービスデイを利用して皆さんでお越し下さい。お待ちしております。

イオンシネマ県央

燕市店舗情報

燕市井土巻3-148
0256-66-0088 | 09:00~24:30

同じ映画を観るなら、イオンシネマのサービスデイを利用してお得に楽しもう!浮いたお金でポップコーンも買えるよ!

ユナイテッド・シネマ新潟

新潟市中央区店舗情報

新潟市中央区上近江4丁目-12-20
DEKKY401内
0570-783-401

ゆったりと鑑賞できるドリンクホルダー付きビックシートとカップルシート、御夫婦にオススメのペアシートなどの特別なシートをご用意。映画に集中出来る快適さをご提供致します。最高の映画を最高の空間で楽しんでください。

J-MAX THEATER

上越市店舗情報

上越市富岡3524
025-524-1232

上越市唯一のシネコンとして、地域密着を合言葉に、気軽にお越し頂ける雰囲気作りを心掛けております。皆様のご来場をスタッフ一同お待ちいたしております。

T・ジョイ新潟万代

新潟市中央区店舗情報

新潟市中央区八千代2-5-7
BP2 3F
025-242-1840

最先端のデジタル上映システムと音響設備で、臨場感あふれる作品鑑賞を、お楽しみいただけます。その場は勿論、ネット予約も可能な「KINEZO」など快適な鑑賞をいただけます。

T・ジョイ長岡

長岡市店舗情報

長岡市千秋2-1087-1
リバーサイド千秋センタープラザ2・3階
0258-21-3190

県内最大10スクリーンの当館は、デジタル上映や3D上映シアターを3スクリーン、臨場感ある音響で作品鑑賞を楽しめます。さらに今までの映画館とは違いポップコーンやドリンクだけではなく、パスタや焼きたてパン、スープなどの豊富なメニューも揃えました

十日町シネマパラダイス

十日町市店舗情報

十日町市本町6-1
025-752-7505

十日町市国道117号沿いにある映画館です。県内では珍しい作品も上映しています。どれも良質なものばかりです。ぜひ一度お越し下さい。お待ちしております。

\この記事をみんなに紹介しよう/